’21 BMW R1250GS試乗ショートインプレ【’21モデルはサスペンションが激変!】

'21 BMW R1250GS試乗ショートインプレ

●文:谷田貝洋暁 ●写真:真弓悟史 ●取材協力:BMWモトラッド

’19年に大排気量化とシフトカム採用で大幅進化したR1250GS。’21モデルの変更点はヘッドライトがコーナリング対応になったくらい? と思っていたら、内部の電子制御まわりが激変。走行モードは3つ増えて7つになり(4モードをプリセット)、操作言語も日本語に対応。ただ一番変化を感じたのは、電子制御サスのESA(イーサ)。ピッチングモーションを極力排除するBMWお得意の制御から一転。オフロード走行では逆にピッチングを生かしたマシンコントロールができるようなキャラクターへと路線変更している。

BMW R1250GS

【’21 BMW R1250GS】■水冷4スト水平対向2気筒DOHC4バルブ 1254cc 136ps/7750rpm 14.5kg-m/6250rpm ■車重256kg(装備) ■タイヤF=120/70R19 R=170/60R17 ●色:黒×白 黒 青×白/黄(40周年記念モデル) ●価格:219万2000円~/40周年記念モデル244万6000円~ [写真タップで拡大]

BMW R1250GS|ライディングポジション

【ライディングポジション&足着き性】805/825mmのローダウンサスペンション仕様のおかげでかなり足着き性がいい。高くしても踵が浮くのは5cmほど。低くすれば3cmほどしか踵が浮かなくなるおかげで、かなりの安心材料になる。ポジションは低くはなるが、大きな違和感を感じない。[身長172cm/体重75kg] [写真タップで拡大]

BMW R1250GS|電子制御サスペンション
[写真タップで拡大]

’21モデルの最大の変更点は電子制御サスペンションの味付け。とにかく動きが良くなっており、エンデューロモード系ではピッチングモーションが積極的に使えるような味付けに変更された。

BMW R1250GS|アダプティブタイプヘッドライト
[写真タップで拡大]

アダプティブタイプのヘッドライトとなり、内部のユニットが駆動することでHI/LOを切り替え。またIMUからの情報で、車体の傾き、車速に合わせた角度でイン側を照らすようになっている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報