’21トライアンフ ストリートツイン試乗ショートインプレ【素直な乗り味の快速クラシック】

'21トライアンフ ストリートツイン

●文:谷田貝洋暁 ●写真:真弓悟史 ●取材協力:トライアンフモーターサイクル

モダンクラシックシリーズの中ではエントリーモデル的な位置付けの「ストリートツイン」。とはいえ排気量は900ccである。アクセルを開けた瞬間、力強い加速が楽しめる一方で、高速道路での巡航走行もラクラク。トラクションコントロールも装備し、走行モードを“ロード”から“レイン”に切り変えれば雨天走行も安心。クラシカルなスタイリングだが、素直なコーナリング特性と電子制御が相まって、ツーリングマシンとして相当まとまりがいい。

'21トライアンフ ストリートツイン

【’21 TRIUMPH STREET TWIN】■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 900cc 65ps/7500rpm 8.1kg-m/3800rpm ■車重217kg(装備) ■タイヤF=100/90-18 R=150/70R17 ●色:青 黒 灰/黒(ゴールドライン) ●価格:110万5000円~113万1500円/117万3000円(ゴールドライン) [写真タップで拡大]

'21トライアンフ ストリートツイン|ライディングポジション

【ライディングポジション&足着き性】シート高は765mmと低く、シートもスリムなので両足の踵までベッタリと着いて、なおかつ膝にも余裕がある。上半身はほぼ背中が垂直になるアップライトなものでとても楽。1日中走っても疲れにくそうだ。[身長172cm/体重75kg] [写真タップで拡大]

'21トライアンフ ストリートツイン|900cc270度クランクパラレルツイン

900ccの270度クランクパラレルツインは、空冷に見えるが水冷式で、最高出力も65psと十分パワフル。しかも最大トルクを3800rpmで発揮するため低速も力強い。 [写真タップで拡大]

'21トライアンフ ストリートツイン|ライディングモード

ロードとレインの2モードが切り替えられ、トラクションコントロールも備えているので、ロードコンディションに左右されず、いつでもどこでも、とにかく安心して走ることができる。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

トライアンフ StreetTwinの価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

トライアンフ StreetTwin

トライアンフ StreetTwin

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 1価格種別 中古車 7

本体

115.35万円

価格帯 115.35万円

本体価格

本体

100.56万円

価格帯 79.8~119.8万円

諸費用

10.65万円

価格帯 10.65万円

諸費用

諸費用

7.03万円

価格帯 2.9~13.68万円

乗り出し価格

126万円

価格帯 126万円

乗り出し価格

乗り出し価格

107.59万円

価格帯 93.48~122.7万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
ホームホンダCBR250RRディテール写真解説【操ること自体を楽しめるスポーツバイク】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース