’21アプリリアRS660試乗インプレ【コレ1台でサーキットもツーリングも】

'21アプリリアRS660:コレ1台でサーキットもツーリングも!〈ヤタガイ試乗インプレ〉

●文:谷田貝洋暁 ●写真:真弓悟史 ●アプリリア[ピアッジオグループジャパン]

公道とサーキットユースのベストバランスを追求

アプリリアの新型「RS660」がまとうスポーティーなルックスに、試乗前の筆者は少々身構えていたのだが、それはいい意味で裏切られた。とても乗りやすいのだ。低過ぎないハンドルはツーリングもこなせそうだし、よく見ればクルーズコントロールも装備。見た目こそスポーティーだが、少なからずストリートレンジを意識したキャラのようだ。

アプリリアRS660

【’21 APRILIA RS660】■全長1995 全幅745 軸距1370 シート高820(各mm) 車重183kg(装備) ■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 659cc 100ps/10500rpm 6.83kg-m/8500rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量15L ブレーキF=Wディスク R=ディスク タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:赤 黄 黒 ●価格:139万7000円 [写真タップで拡大]

アクセルを開けてみてもその印象は変わらず。100psのエンジンは決して力不足ということはなく、むしろ十分パワフルなのだが、カリカリのスーパースポーツに比べると、かなり過渡特性が穏やか。おかげでアクセルが開けやすく、それがストリートレンジでの楽しさを生んでいる。フレームに関しても、サーキットメインの高剛性なものではなく、公道レベルでしっかりしなり、タイヤのグリップを感じられるのがいい。

RS660の軸足はあくまでストリート。公道をしっかり楽しく走れることを前提に、サーキット走行も十分考慮した。そんなコンセプトがエンジンから車体までしっかり貫かれた、まとまりのいいマシンに仕立てられている。

アプリリアRS660

[写真タップで拡大]

アプリリアRS660

[写真タップで拡大]

アプリリアRS660

[写真タップで拡大]

アプリリアRS660|ライディングポジション

【ライディングポジション&足着き性】シート高820mmとスポーティな薄型シートのおかげで足着き性はそこそこという印象。両足を着こうとすると、踵が6、7cmほど浮く。ただし前傾姿勢はそこまできつくなく、ツーリングにも十分行けそうだ。[身長172cm/体重75kg] [写真タップで拡大]

アプリリアRS660|エンジン
[写真タップで拡大]

【新作エンジンはパラレルツイン】RS660のために作られたエンジンは、270度クランク659ccの水冷DOHCのパラレルツイン。100psを10500rpmで発揮するミドルクラスのエンジン、そのコンセプトは“ちょうどいい扱いやすさ”だ。

アプリリアRS660|メーター
アプリリアRS660|メーター

ストリート用には、コミュート/ダイナミック/インディビデュアル(変更可能)、サーキット用にはチャレンジ/タイムアタックと計5種類のライディングモードを装備。 [写真タップで拡大]

アプリリアRS660|左ハンドル
[写真タップで拡大]

ライディングモードの詳細設定には十字キーを使用し、マップ/エンジンブレーキ/ABS(3段階)/トラクションコントロール(8段階+オフ)などの設定が可能。クルーズコントロールも使える。

アプリリアRS660|クイックシフター
[写真タップで拡大]

エンジンに直接スイングアームをマウントするピボットレス構造に加えて、取り付け位置を調整できる機能もRSシリーズとして踏襲。クイックシフターを標準装備している。

アプリリアRS660|トップブリッジ
[写真タップで拡大]

トップブリッジ一体型のセパレートハンドルはアップめで、ツーリングにも行きやすいようなキャラクターに設定されている。フロントフォークはプリロードおよび伸び側減衰調整機構付き。

アプリリアRS660|ヘッドライト
[写真タップで拡大]

DRLを採用した個性的なヘッドライトは、暗くなるとロービームが自動点灯し、コーナリングライトも装備する。エアロダイナミック性能を高めるダブルフェアリングも特徴的だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報