愛すべきヤマハの象徴・SRの43年を振り返る#5〈全型式全色図鑑’10s〜’21〉

’78年から同じ姿のまま進化と熟成を重ねたヤマハSRの、時代に合わせ“変わらないために変わり続けた”歴史。比類なきロングセラーの43年に渡る歩みと色彩を振り返る。’78デビューから’00年代末までに引き続き、本記事では’10年代から’21ファイナルエディションまでのモデル変遷を辿る。

●文:伊藤康司 ●写真:YM Archives

〈’12年1月〉SR400[3HTU]

’12年モデルはカラー変更。ヤマハブラックは前モデルとグラフィックを変更し、モノトーンのシートにSRシリーズで初めてホワイトのステッチが入れられた。

'12ヤマハSR400|ヤマハブラック

【’12 YAMAHA SR400[3HTU]】●価格:57万7500円(消費税5%含む) ※写真の車体色はヤマハブラック [写真タップで拡大]

'12ヤマハSR400|ニューパールホワイト

’12年モデルのカラーバリエーション・ニューパールホワイト。グラフィックパターンはブラックと同様だが、ツートーンのシートを採用。SRはこの年、グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞した。 [写真タップで拡大]

〈’13月年2月〉SR400 35thアニバーサリーエディション[3HTV]:標準モデルよりプライスダウン!

SR誕生35周年記念モデルは、ロングセラーに感謝して、なんと標準モデル(’12年モデル継続)より4万2000円も安いスペシャルプライスで、受注期間限定モデルとして販売。専用カラーのグリーンとマッチするシルバーフレームやクリーム&ベージュのツートーンシート、記念ロゴが刻印されたブラックのメーターパネルなど装備も充実。

'13ヤマハSR400 35rhアニバーサリーエディション|ダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック1

【’13 YAMAHA SR400 35TH ANNIVERSARY EDITION[3HTV]】●価格:53万5500円(消費税5%含む) ※写真の車体色はダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック1 [写真タップで拡大]

〈’14年1月〉SR400[3HTW]

’13年に販売台数が前年より2倍に増えたのも後押しになり、’14年モデルはプライス適正化で53万5500円に価格変更。ヤマハブラックは’12年モデルとグラフィックを変更。

'14ヤマハSR400|ヤマハブラック

【’14 YAMAHA SR400[3HTW]】●価格:53万5500円(消費税5%含む) ※写真の車体色はヤマハブラック [写真タップで拡大]

'14ヤマハSR400|ニューパールホワイト

’14年モデルは3種のカラーをリリース。ニューパールホワイトは’12年モデルとグラフィックが変わり、サイドカバーの金属調エンブレムも新デザインになった。 [写真タップで拡大]

'14ヤマハSR400|ダークグレーイッシュレッドメタリック3

’14年モデル新色のダークグレーイッシュレッドメタリック3は、レトロ感を強める落ち着いた色調。また’14年モデルではメーターの文字盤がブラックの新デザインに変更された。 [写真タップで拡大]

〈’15年12月〉SR400 60thアニバーサリー[3HTW]:鮮烈な”スピードブロック”を纏う

ヤマハ発動機の創立60周年を記念した期間限定受注生産モデルは、イエロー地にブラックのスピードブロックを描いた、70年代のアメリカのレースシーンで大活躍した”USインターカラー”を纏う。サイドカバーやテールカウルはブラックで引き締め、ホイールのハブとリムもブラック。記念エンブレムがタンク天面に貼られる。

'15ヤマハSR400 60thアニバーサリー|ライトレディッシュイエローソリッド1

【’15 YAMAHA SR400 60TH ANNIVERSARY[3HTW]】●価格:58万3200円(消費税8%含む) ※写真の車体色はライトレディッシュイエローソリッド1 [写真タップで拡大]

〈’16年2月〉SR400[3HTX]

’16年モデル新色のダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック3は、ヤマハの’70年代オフロード車のグラフィックがモチーフで、サイドカバーのロゴもレトロなイメージ。

'16ヤマハSR400|ダークグレイッシュリーフグリーンメタリック1

【’16 YAMAHA SR400[3HTX]】●価格:55万800円(消費税8%含む) ※写真の車体色はダークグレイッシュリーフグリーンメタリック1 [写真タップで拡大]

'16ヤマハSR400|ヤマハブラック

’14年モデルからのヤマハブラックは継続販売。ちなみに’14年4月1日から消費税が5%から8%になったため販売価格が変更されたが、本体価格は’17年モデルまで据え置きだった。 [写真タップで拡大]

〈’18年11月〉SR400[B9F1]

排ガス規制に対応してキャニスター(燃料タンクの蒸発ガスを浄化)を装備し、処理能力の高いECUに変更。マフラーはユーロ4対応で内部が変更され、音質が向上した。

'19ヤマハSR400|ヤマハブラック

【’19 YAMAHA SR400[B9F1]】●価格:57万2400円(消費税8%含む) ※写真の車体色はヤマハブラック [写真タップで拡大]

'19ヤマハSR400|グレイッシュブルーメタリック4

(実質的に)’19年モデルのカラーバリエーション・グレイッシュブルーメタリック4。ブラック同様にライトケースをボディ同色にペイント。メーター文字盤のデザインやウインカーの形状を変更している。 [写真タップで拡大]

〈’18年11月〉SR400 40thアニバーサリーエディション[B9F1]:40歳を迎え、なお進化

SR40周年記念モデルは500台限定。サンバーストは深いオレンジ系のぼかし塗装で、ダブルストライプ仕様。専用シートは本革調のブラウン。ホイールのリムはゴールドで、白文字盤のスピードメーターにも記念ロゴが入る。燃料タンクの真鍮製の音叉マークに加え、サイドカバーの専用エンブレムも電鋳工法によるエッジの利いた金属製。

'19ヤマハSR400 40thアニバーサリーエディション|ベリーダークオレンジメタリック1

【’19 YAMAHA SR400 40TH ANNIVERSARY EDITION[B9F3]】●価格:69万1200円(消費税8%含む) ※写真の車体色はベリーダークオレンジメタリック1 [写真タップで拡大]

〈’21年3月〉SR400ファイナルエディションリミテッド[B9F5]:販売店が限られるエクスクルーシブモデル

限定1000台の「リミテッド」は専用装備を満載。特にサンバースト塗装は、過去に5回も限定車に採用されたことのある、まさにSRのラストにふさわしいグラフィックだ。なおこのリミテッドは、YZF-R1やテネレ700と同様にエクスクルーシブモデルとして、YSP店(リニューアル中の店舗含む)とアドバンスディーラーにて専売される。

ヤマハSR400ファイナルエディションリミテッド

【’21 YAMAHA SR400 FINAL EDITION LIMITED [B9F5]】■全長2085 全幅750 全高1100 軸距1410 シート高790(各mm) 車重175kg(装備) ■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 399cc 24ps/6500rpm 2.9kg-m/3000rpm 変速機5段 燃料タンク容量12L ■タイヤサイズF=90/100-18 R=110/90-18 ●色:ヤマハブラック ●価格:74万8000円(消費税10%) [写真タップで拡大]

〈’21年3月〉SR400ファイナルエディション[B9F6]:シンプル&アイコニックな新色

標準仕様の「ファイナルエディション」は2色。ブルー車はXS650スペシャルなどを、グレー車は’83年式あたりのSR400/500を彷彿とさせる。”Final Edition”の文字は、前者がサイドカバー、後者はタンクに刻まれる。

ヤマハSR400ファイナルエディション

[写真タップで拡大]

ヤマハSR400ファイナルエディション

【’21 YAMAHA SR400 FINAL EDITION [B9F6]】●色:ダルパープリッシュブルーメタリック/ダークグレーメタリックN ●価格:60万5000円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報