愛すべきヤマハの象徴・SRの43年を振り返る#2〈全型式全色図鑑’70s〜’80s〉

愛すべきヤマハの象徴・SRの43年を振り返る#2〈全型式全色図鑑’70s〜'80s〉

’78年から同じ姿のまま進化と熟成を重ねたヤマハSR。時代に合わせ“変わらないために変わり続けた”43年の歴史。比類なきロングセラーの歩みと色彩を振り返る。まずは’78初代〜’80年代末までのモデル変遷を辿ってみよう。

●文:伊藤康司 ●写真:YM Archives

〈’78年3月〉SR400[2H6]/500[2J3]:ここから始まったロードスポーツの原点

’76年に発売したオフロードモデルのXT500のエンジンとフレームをベースに、トラディショナルなロードスポーツとして登場した初代SR。500のエンジンはベースとなったXT500と同じボア×ストロークだった。一方、当時の国内の免許制度に合わせた400は、500からストロークを短縮して排気量をダウン。排気量の異なる兄弟モデルはボア径の変更で対処するのが一般的な時代に、高コストなクランク変更を選択した。400はフラットでテールカウルを装備したシート(グラブバーなし)と低いコンチタイプのハンドルでロード色を強めたのに対し、500は厚みがありテールカウルを持たないシートと、ワイドで高さのあるハンドルバーを装備した。

'78 ヤマハSR400/500|ブラックゴールド(共通色)

【’78 YAMAHA SR400[2H6]/500[2J3]】■全長2105 全幅765[845] 全高1135[1155] 軸距1410 シート高810(各mm) 車重158kg(乾) ■空冷4スト単気筒SOHC 2バルブ 399cc[499cc] 87×67.2mm[87×84mm] 27ps/7000rpm[32ps/6500rpm] 3kg-m/6500rpm[3.7kg-m/5400rpm] 変速機5段 燃料タンク容量12L ■タイヤサイズF=3.50-19/R=4.00-18 ●価格:31万円[35万円] ※[ ]内は500 ※写真の車体色はブラックゴールド(共通色) [写真タップで拡大]

'78 ヤマハSR400|マコマルーン

’78 SR400のカラーバリエーション・マコマルーン。グラフィックのカラーはブラックゴールドと同一で、500とは異なる赤と茶色との中間のえんじ色が特徴。 [写真タップで拡大]

'78 ヤマハSR500|スターレッド

’78 SR500のカラーバリエーション・スターレッド。
[写真タップで拡大]

〈’79年11月〉SR400SP[3X6]/500SP[3X4]

登場翌年には早くもマイナーチェンジ。当時流行し始めたキャストホイールを装備してスポーツ度を高め、車名に「SP」を追加。400/500ともにテールカウル付きのシート&グラブバー装備し、パワーレバー(ドッグレッグ)も採用した。

'79 ヤマハSR400SP|ブリリアントレッド

【’79 YAMAHA SR400SP[3X6]】●価格:34万円 ※写真の車体色はブリリアントレッド [写真タップで拡大]

'79 ヤマハSR400SP/500SP|ブラックゴールド(共通色)

【’79 YAMAHA SR400SP[3X6]/SR500SP[3X4]】●価格:37万円 ※写真の車体色はブラックゴールド(共通色) [写真タップで拡大]

〈’82年9月〉SR400SP[3X7]:要望に応えスポークホイール仕様限定車復活!

’79年のSPが、キャストホイールによる重量増(スポーク車より約4kg増加)により思いのほか不評。そこで400のみ3000台限定でスポークホイール仕様を販売。後輪のリムは初期モデルより1サイズアップ。カラーはSPのブラックゴールドを継承したが、アップハンドルやカウルレスシートなど’78年の初代SR500と同じ構成とした。

'82 ヤマハSR400SP|ブラックゴールド

【’82 YAMAHA SR400SP [3X7]】●価格:35万5000円 ※写真の車体色はブラックゴールド [写真タップで拡大]

〈’83年3月〉SR400[34F]/500[34A]

標準モデルもスポークにマイナーチェンジ。新設計のピストンリングやバルブ、オイルライン等も見直して耐久性を高め、セミエア式フロントフォークやシールチェーンも採用。カウル付きシートやコンチタイプのハンドルを装備し、このモデルからハロゲンヘッドライトやラバーマウントウインカーが装備された。

'83 ヤマハSR400/500|スーパーレッド(共通色)

【’83 YAMAHA SR400[34F]/500[34A]】●価格:36万5000円/39万6000円 ※写真の車体色はスーパーレッド(共通色) [写真タップで拡大]

'83 ヤマハSR400/500|インジゴブルー(共通色)

’83年400/500のカラーバリエーション・インジゴブルー(共通色)。 [写真タップで拡大]

〈’83年7月〉SR400SP[34E]/500SP[33Y]

スポークモデルから4カ月遅れで、キャストホイールのSPが復活。本格的なバイクブームが到来し、より多くのユーザーに対応するためのバリエーション拡大だった。ホイール以外の仕様はスポークモデルと同一。スポークモデルは翌年も継続されたが、キャストのSPは’83年度のみで生産終了した。

'83 ヤマハSR400SP/500SP|インジゴブルー(共通色)

【’83 YAMAHA SR400SP[34E]/500SP[33Y]】●価格:38万円/41万1000円 ※写真の車体色はインジゴブルー(共通色) [写真タップで拡大]

'83 ヤマハSR400SP/500SP|スーパーレッド(共通色)

’83年400SP/500SPのカラーバリエーション・スーパーレッド(共通色)。 [写真タップで拡大]

〈’84年10月〉SR400LTD[34F]:SR7周年記念モデルに初のサンバースト&音叉マーク

SRの発売7周年を記念して、400のみ1000台限定で発売。SRの限定モデルの定番ともいえるグラデーションのぼかし塗装“サンバースト”を初めて採用。同じルーツのヤマハ株式会社のギターに通じるペイントは大人気を博した。またバイクでは’60年代半ばに姿を消した“音叉マーク”を復活させたのもこのモデルだ。

'84 ヤマハSR400|スーパーレッド×ヤマハブラック

【’84 YAMAHA SR400LTD[34F]】●価格:39万8000円 ※写真の車体色はスーパーレッド×ヤマハブラック [写真タップで拡大]

〈’85年4月〉SR400[1JR]/500[1JN]:ドラムブレーキでレトロ感アップ!

フロントにツーリーディング式のドラムブレーキを採用し、フォークブーツも装備してレトロなイメージを増強するが、前輪は19→18インチとなり、バックステップやより低めたコンチハンドルでスポーツ性も向上。エンジンはカムの表面処理やロッカーアームの焼結チップにより耐久性を向上し、メタルガスケットやカムチェーンアジャスターのカバーをアルミ化することでオイル滲みを抑制。燃料タンクが12→14Lに容量アップしている。

'85 ヤマハSR400/500|インジゴブルー(共通色)

【’85 YAMAHA SR400[1JR]/500[1JN]】■全長2085 全幅735 全高1080 軸距離1410 シート高790(各mm) 車重153kg(乾) ■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 399cc[499cc] 27ps/7000rpm[32ps/6500rpm] 3kg-m/6500rpm[3.7kg-m/5500rpm] 燃料タンク容量14L ■タイヤサイズF=3.50-18/ R=4.00-18 ※[ ]内は500 ●価格:39万9000円/43万円 ※写真の車体色はインジゴブルー(共通色) [写真タップで拡大]

'85 ヤマハSR400|メープルレッド

’85 SR400のカラーバリエーション・メープルレッド。正確な生産比率は不明だが、当時はインジゴブルーより希少だった。 [写真タップで拡大]

〈’88年8月〉SR400[3HT1]/500[3GW1]

負圧式BSTキャブレターに変更して始動性や加速性を向上し、カムシャフトも変更して扱いやすさを高めた。エアボックスの容量アップを図り、チェーンを428サイズに変更。

'88 ヤマハSR400|ブルーイッシュダークシルバー(共通色)

【’88 YAMAHA SR400[3HT1]/500[3GW1]】●価格:39万9000円/43万円 ※写真の車体色はブルーイッシュダークシルバー(共通色) [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報