骨格の完成度は時代を超越

スズキ「シン・ハヤブサ」車体シャーシ完全解説【名作フレーム継承|足回りを新調し軽量化も達成】

スズキ「シン・ハヤブサ」車体シャーシ完全解説【名作フレーム継承|足回りを新調し軽量化も達成】

●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●情報提供:スズキ

骨格の完成度は時代を超越。必要な箇所はキッチリ改良

ハヤブサの車体におけるテーマは、”安定感アップ”と”俊敏なハンドリング”、そして”ブレーキ性能&効率の向上”だ。

メインフレームとスイングアームは先代から継続採用する。これまでブラケット類やシートレールの変更で対応してきたが、大パワーを受け止める剛性と快適な乗り心地は初代から折り紙付き。3代目の開発にあたり、車体に関しても様々な仕様をテストしたが、先代の走りを超えられなかった。結果、13年ぶりのフルチェンジとしては異例の”変更なし”となったのだ。

スズキ ハヤブサ

【基本は22年間継承】鋳造材と押し出し材を組み合わせたアルミツインスパーフレームは、’99初代から同様。アルミスイングアームは2代目で10%のねじれ剛性をアップした。この構成を3代目も引き継ぐ。キャスター&トレールなどのディメンジョンも不変だ。 [写真タップで拡大]

’21新型ハヤブサ [写真タップで拡大]

’08旧型ハヤブサ [写真タップで拡大]

一方で、シートレールは直線的な構造の新作で700gの軽量化を達成し、マスの集中化を促進。さらに足まわりを強化した。KYB製の前後サスペンションは、低速域でオーバーステア気味になる先代の特性を排除。加えて、最新タイヤのブリヂストン製S22と新作ホイールを履き、すべての速度域でニュートラルなハンドリングと高速域の安定性を狙った。

キャリパーはブレンボのハイエンド向け「スティルマ」に変更し、10mm大径化したφ320mmディスクを組み合わせる。大胆な決断を下しつつ、必要な箇所にはしっかり手を入れた。

スズキ ハヤブサ
[写真タップで拡大]

シートレールはより直線的&シンプルなパイプセクションを持つ新作。700gの軽量化を達成し、車体全体で2kg削減に成功した。

スズキ ハヤブサ

軽量化したシートレールとマフラーにより、前方にマスを移動させ、50:50の前後重量配分を実現。フロントフォークはKYB製で、DLCコーティングされたφ43mmフルアジャスタブル倒立。これらの仕様は先代と同様だが、内部構造を改善し、スムーズな衝撃吸収性と安定したグリップを発揮する。 [写真タップで拡大]

スズキ ハヤブサ
スズキ ハヤブサ

【華ブレンボ+大径ディスクでストッピングパワー底上げ】ラジアルマウントのフロントキャリパーは、モノブロックのブレンボ製「スティルマ」に換装した。上級スーパースポーツ御用達のアイテムで、高剛性かつ軽量&コンパクト。冷却性能も高い。さらにディスクはφ310→φ320mmに大径化し、冷却効率を高める穴パターンも採用した。 [写真タップで拡大]

スズキ ハヤブサ
スズキ ハヤブサ

【リヤショックも内部構造を変更し、スムーズな特性に】KYB製リヤサスもフロントと同様に内部を見直し、安定した乗り味を発揮。こちらもフル調整式だ。キャリパーはトキコ製→ニッシン製1ポットに変更された。リヤディスク径は不明だが、おそらく先代と同じφ260mmで、穴加工パターンも同一だ。 [写真タップで拡大]

スズキ ハヤブサ

【ハンドル位置は12mm手前に】セパレート式のバーハンドルは、位置を12mm手前に変更。ハンドリングの自由度が増す上に、フロントの分担荷重が増え、旋回性と直安性の向上に寄与する。 [写真タップで拡大]

スズキ ハヤブサ
[写真タップで拡大]

ハンドルは引き続きフローティングマウントだが、固定方法の変更で振動を抑制。タンクは一体→前後分割式となり、上面がより丸みを帯びた。容量は1L減。

スズキ ハヤブサ
[写真タップで拡大]

グラブバーは人間工学に基づき、より握りやすいデザインに変更。タンデムシートはシングルシートカバー(純正オプション)を入れ替えて装着する。

スズキ ハヤブサ
[写真タップで拡大]

先代の前後ステップブラケットは、日本の兜がモチーフ。新型は前側がクチバシ状となり、ロゴを刻印。後席用は空力が良さそうで、荷掛けフックを兼ねる。

スズキ ハヤブサ

左が’21新型、右が’18旧型。タンクはニーグリップ部が一段と絞られ、シート前端部も細身に。足着き性の向上が期待できる。新型カウル&スクリーンで、上半身の防風性も高そうだ。 [写真タップで拡大]

スズキ ハヤブサ

【快適&スポーティー。新型は前傾が緩和へ】車体はやや大柄ながら、ライディングポジションはコンパクト。スクリーンと頭部の間隔が狭く、風を巻き込みにくい。上体が前傾するため、高速道路では抑えが効き、峠などのスポーツランでも違和感なし。長時間の街乗りは少々ツラいが、新型ではハンドルが手前になり、ラクになるハズだ。足着きはカカトが上がるが、しっかり両足が接地して良好。[身長167cm/体重63kg] [写真タップで拡大]

スズキ ハヤブサ

新旧ハヤブサ主要諸元比較 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報