絶版車やクラシックレーサーも参戦[モトメカニック]

初心者歓迎・自分のスキルに応じて参戦クラスが選べるサーキットイベント「アストライド」

ASTRIDE

サーキットには行ってみたいが、現行のスーパースポーツ車に混じって走るのは気が引ける。クラシックレーサーで走行できる機会が少なくてフラストレーションが溜まっている…。そんなライダーに注目されている「アストライド」は、自分で走るのもビンテージマシンを見るのも楽しいイベントだ。

たまにはサーキットで思いっきり走りたい! そんなライダーにぴったりのイベント

普段は街乗り中心だが、たまには思い切り走ってみたい。サーキット走行に興味はあるが、わざわざ会員になって平日にスポーツ走行するほどではない。年を重ねてバイクに乗り続けるほど、そうした思いを強くしているライダーは少なくないだろう。オーヴァーレーシングとモトジョイが共同で開催している「アストライド」は、そんな気持ちを解放できる週末のサーキットイベントだ。

こう書くと「普段どれだけストレスを溜めてるの?」と思われるかもしれないが、街中でスロットルを全開にしたり、フロントフォークをフルボトムさせる機会がどれほどあるだろうか。ツーリングも楽しいが、ピッチングやバンクといったバイクならではの動きを味わうなら、サーキットに勝るものはない。

[写真タップで拡大]

レースとなれば速くなければ楽しくないが、アストライドは予選や決勝を行うのではなく、計測器でラップタイムを測定するフリー走行を行うイベントなので、誰かと優劣を競うわけではない。ただ、計測されたタイムごとにクラスを分けた模擬レースもあるので、フリー走行よりももう少しだけ緊張感を味わいたいライダーが楽しめる要素もある。

まずはイベントの雰囲気を感じてみたいライダーは、’21年5月22日(土)に鈴鹿ツインサーキットで開催される第1戦を見学してみてはいかがだろうか(第2戦は10月30日)。

[写真タップで拡大]

新型コロナウイルスの影響で、’20年のアストライドは4月と5月のイベントが中止となり、9月と11月の2戦開催となった。’21年は5月22日(土)と10月30日(土)の2戦が予定されている。

Aクラス・Beginner:250cc以上の車両によるビギナークラス

N.Aさん(スズキ ボルティ) [写真タップで拡大]

[左]I.Rさん(ヤマハXSR900) [右]K.Yさん(ホンダVTR250) [写真タップで拡大]

[左]H.Fさん(カワサキ ゼファー1100) [右]K.Sさん(トライアンフ ストリートツイン) [写真タップで拡大]

[左]K.Jさん(ヤマハSR400) [右]A.Aさん(スズキGSX-R750) [写真タップで拡大]

H.Nさん(ホンダGB250) [写真タップで拡大]

[左]H.Kさん(カワサキ ゼファー750) [右]E.Sさん(ホンダCBR600RR) [写真タップで拡大]

[左]S.Tさん(ハーレーダビッドソンXLH1200) [右]O.Tさん(カワサキ エリミネーター400) [写真タップで拡大]

Bクラス・Intermediate:250cc以上の車両による中級者クラス

I.Sさん(ホンダGB500TT) [写真タップで拡大]

I.Tさん(ヤマハSRX600) [写真タップで拡大]

Cクラス・Advanced:250cc以上の車両による上級者クラス

H.Sさん(カワサキZ1000R) [写真タップで拡大]

[左]E.Sさん(ホンダCBR600RR) [右]B.Sさん(ドゥカティM900) [写真タップで拡大]

[左]K.Hさん(ドゥカティ スクランブラー) [右]K.Hさん(ドゥカティ スクランブラー) [写真タップで拡大]

Dクラス:125cc以上の2ストローク車/F3/AS250クラス

N.Kさん(ホンダNSR250R) [写真タップで拡大]

[左]O.Tさん(スズキ RG400Γ) [右]U.Aさん(ヤマハTZ250) [写真タップで拡大]

[左]N.Nさん(ヤマハFZR250) [右]I.Aさん(ヤマハFZR400R-SP) [写真タップで拡大]

K.Sさん(モリワキ ゼロ) [写真タップで拡大]

[左]T.Kさん(オーヴァーOV-40) [右]K.Jさん(ホンダ CBR250RR) [写真タップで拡大]

Eクラス:’72年以前に生産されたクラシッククラス

S.Kさん(ホンダCB500R) [写真タップで拡大]

[左]O.Nさん(ドゥカティ350) [右]D.Kさん(ノートン マンクス) [写真タップで拡大]

[左]K.Sさん(ホンダCB350) [右]H.Jさん(ホンダCBM72) [写真タップで拡大]

S.Yさん(ホンダCB500R) [写真タップで拡大]

[左]K.Tさん(トライアンフT100) [右]H.Nさん(ホンダSL250S) [写真タップで拡大]

T.Sさん(ドゥカティ デスモ350) [写真タップで拡大]

[左]S.Kさん(カワサキH2R) [右]M.Sさん(ホンダCB450) [写真タップで拡大]

[左]T.Aさん(ヤマハRD250) [右]H.Tさん(ホンダCB125JX) [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報