コンパクト化に徹底挑戦[モトメカニック]

コーケンのラチェットハンドル「Z-EAL」がついに72歯に進化【歯が倍増しても本体サイズは同一】

コーケンのラチェットハンドル「Z-EAL」がついに72歯に進化【歯が倍増しても本体サイズは同一】

●文/写真:モトメカニック編集部(栗田晃) ●取材協力:コーケン[下工業研究所]

コーケンらしく多ギア化を実現。待望の72歯ラチェット

さまざまなデバイスを搭載することでメンテナンスのスペースが狭くなるバイクや自動車に対して、’10年の登場以来、徹底したコンパクト化でユーザーの期待に応えてきたコーケンのラチェットハンドル「Z-EAL」シリーズ。

次世代のスタンダードツールという位置づけのZ -EALは、ラチェットハンドルに36歯ギアを採用してきた。多ギア化によって作業性を向上させる他メーカーに対して、コーケンは空転トルクの軽さを武器にしてきたわけだが、’21年1月、ついに72歯のハンドルが登場した。

コーケン Z-EAL 3/8SQラチェットハンドル3725Z|72歯に進化するもサイズ不変

【Z-EAL 3/8SQラチェットハンドル3725Z】●希望税抜小売価格:6950円 [写真タップで拡大]

コーケン Z-EAL 3/8SQラチェットハンドル3725Z|72歯に進化するもサイズ不変
コーケン Z-EAL 3/8SQラチェットハンドル3725Z|72歯に進化するもサイズ不変

切り替えレバーの方向を他のコーケン製と変えず、エラストマー樹脂のグリップも従来通り。Z-EALの3/8ハンドルはすべて72歯となるため、36歯時代と同じ製品番号を継承する。 [写真タップで拡大]

新型ラチェットを見て驚くのは、本体サイズが既存のZ -EALと変わらないこと。ギアのサイズを変えずに歯数を倍にすれば、歯の山の高さは低くなる。すると強度や耐久性で不利になるため大径化で対応するのが一般的な手法。だが新型のギア径は36歯と同一なのだ。

この条件で強度を確保するには、回転方向を変える爪(パウル)をギアに強く押し当てる必要がある。爪の向きを切り替えるピンのスプリングを強くすれば噛み合わせも強くなるが、それでは大きな美点である空転トルクまで重くなってしまう。

多ギア化しても、空転トルクが増えてボルトナットが供回りしては意味がない。そんなジレンマを解消したのが、爪の2ピース化だった。回転方向を切り替える爪とギアと噛み合う爪を別体として、両者をフローティング構造とすることで、ギアと接する上の爪に荷重が加わった際に下の爪にクサビのように打ち込まれる動きを実現した。

他社にはすでに72歯を超えるラチェットハンドルも数多く存在し、スペックだけで見れば”ようやく感”もある。だがどこまでも真面目にコーケンらしさを突き詰めた72歯の実用性は群を抜く。手にとってフィーリングを確かめてもらいたい。

コーケン Z-EAL 3/8SQラチェットハンドル3725Z|72歯に進化するもサイズ不変

ギアの直径を拡大すれば設計は楽になる。それでも従来の36歯(左)と同じヘッドに収めたのは、コンパクトさを追求するZ-EALのコンセプトを守るため。2階建ての爪のスライド量は僅かだが、これで課題を解決。 [写真タップで拡大]

コーケン Z-EAL 3/8SQラチェットハンドル3725Z|72歯に進化するもサイズ不変

[写真タップで拡大]

コーケン Z-EAL 3/8SQラチェットハンドル3725Z|72歯に進化するもサイズ不変
コーケン Z-EAL 3/8SQラチェットハンドル3725Z|72歯に進化するもサイズ不変

内部構造を見てみよう(実製品ではカバーされている)。回転方向を変える爪(パウル)を左右動かした状況の写真だ。爪を2ピース化し、両者をフローティング構造にしていることがわかる。 [写真タップで拡大]

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報