左右にはウイングも存在

突如現る! スズキ新型「GSX-S1000」ティーザー映像公開…令和のスーパーネイキッド?

●文:ヤングマシン編集部

スズキは、グローバル向けのYouTubeチャンネルで『THE BEAUTY OF NAKED AGGRESSION』と題した映像を突如公開。新型「隼(ハヤブサ)」に続く2021年モデルとして、GSX-R1000ベースのスーパーネイキッドが動き出した。車両の全貌が見られるのは4月26日だ!

縦目3灯!? 左右ウイングの存在、そして気になるエンジンは……

スズキは、グローバル向けYouTubeチャンネルで『THE BEAUTY OF NAKED AGGRESSION』と題した映像を公開した。わずか17秒の映像に映し出されるのは、暗闇の中にほんのりと浮かぶマシンの姿。右真横では最新ネイキッドのシルエットが分かり、続いて正面からは縦目3灯のLEDと思われるヘッドライトが判別できる。ラジエター左右にはウイングも存在するようだ。

車名は「GSX-S1000」だ。現行モデルは名機と呼ばれたK5=2005年モデルのGSX-R1000のエンジンをベースとし、115万2800円という価格はライバル勢に対して大きなアドバンテージになっている。

そんなGSX-S1000の新型が登場するというのだ。エンジンは現行(2017年以降)をベースとするのか、それともまた別の……? とにかく気になる!

車両の全貌が明らかになるのは2021年4月26日とされている。刮目して待て!

ネイキッドのアグレッシブさが放つ美しさとは……といったところだろうか。現行モデルの丸みを帯びたシルエットよりも、エアロダイナミクスが大幅に向上していそうな姿と言えそう。 [写真タップで拡大]

燃料タンクのラインとヘッドライトのスラントした角度がわかる。 [写真タップで拡大]

映像はコチラ!


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報