Honda RVF400(NC30/35)×YAMAMOTO Racing Muffler×ライドハイ

【ヤマモトレーシング×RVF用マフラー】蘇るミドルV4サウンド。リバイバルシリーズ第1弾!

’80年代のバイクブームの中で、最も熱かったカテゴリーが「レーサーレプリカ」。世界グランプリや全日本ロードレースなどのトップレースでしのぎを削る各メーカーのファクトリーマシンの技術やイメージがフィーチャーされていた。国内4メーカーから発売されるレプリカは、頻繁にフル&マイナーチェンジが行われ、1年毎に何かしらの進化を果たしていた。この傾向は、特に250〜400ccの中型排気量クラスにおいて顕著だった。

ホンダは4ストロークのV4を独自開発!

こうした中間排気量クラスのレーサーレプリカ群の中で、異彩を放っていたのがホンダのVFR400R/RVF400シリーズ。

’80年代から’90年代にかけて、ホンダがレースシーンにおける4ストロークの主力エンジンを、並列4気筒からV型4気筒エンジンへと移行した時代に登場した市販モデルだ。

当時、全日本ロードレース選手権を走っていたファクトリーマシンRVF400/750の血筋を持つレプリカであり、ライバルマシンとは異なるエンジン形式を採用し、レースにおいて圧倒的な強さを発揮した。

並列4気筒にない独自のV4サウンド

ホンダの400cc、V型4気筒エンジンは、’83年のVF400Fからだが、モデルチェンジを繰り返し、’89年登場のVFR400R(型式:NC30)、さらに’94年からV4最終型となるRVF(型式:NC35)へと進化。

その過程でレプリカ度を高め、2スト250ccレプリカと同様にファクトリーマシンと著しいほど近似。ホンダファンはもちろん、レーサーレプリカ好きから、一目おかれる存在となった。

当時を知るライダーにとって忘れられないのは、ファクトリーマシン然としたフォルムやパフォーマンスはもちろん、V型4気筒エンジンが放つ独特のエキゾーストノートだろう。あの音が「VFR/RVF」であることを誰もが意識したはずだ。

↓サウンド映像はオリジナルサイトにて!↓

→全文を読む|写真5点+映像(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報