世界初&日本初、二輪車技術進化の歴史

時代を切り拓いた革新のエポックマシン:ホンダVFR750R〈世界初・チタンコンロッド〉

  • 2020/4/26
’87 HONDA VFR750R

●文:沼尾宏明 ※本記事で取り上げる「初」は、公道走行可能な量産二輪市販車としての”初”を意味します。なお、その定義には諸説ある場合があります。
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

’87 ホンダVFR750R〈世界初・チタンコンロッド〉ワークスのメカを忠実に再現

’85年に投入されたワークス耐久レーサー・ホンダRVF750は猛威を奮い、’85~’86年の鈴鹿8耐を連覇。世界耐久や、スーパーバイクの前身であるTT-F1世界選手権でも優勝した。’87年、その公道バージョンであるVFR750R(RC30)が突如発表され、大きな衝撃を呼んだ。パッケージはまさにワークスマシンの忠実なレプリカ。新設計V4ユニットにクロモリ鋼カムシャフト、アルミタンク、FRP外装などを贅沢に奢った。高出力に直接影響するコンロッドの軽量化を推し進めるため、チタン合金製を市販車として初採用。従来の浸炭処理した鉄系コンロッドより15%の軽量化に成功し、開発目標である「プライベーターでワークス勢の戦いに割って入れる」性能に大きく貢献した。

【’87 HONDA VFR750R】■車重180kg(乾) 水冷4ストV型4気筒DOHC4バルブ 748cc 77ps 7.1kg-m ■当時価格:148万円 ※国内仕様

価格は148万円と高額ながら、バーゲンプライスと思えるほどの造り込みで国内限定1000台が瞬く間に完売。’92年まで世界に向け4885台が生産された。サンマルでなければ勝てないほど強く、8耐におけるホンダのシェア率は急増。RC30登場前は20%弱だったが、’90年に48.4%(31台)と約半数を占めた。さらに’88年以降、RVFは30がベースとなり、世界で勝利を重ねていく。その名は究極の公道レーサーとして今も二輪史に刻まれている。

’87 HONDA VFR750R

【レースでも当然強かった】RVFは’88シーズン以降、RC30のエンジンがベースに。’89、’91、’92年の8耐を制覇したほか、’88、’89年の世界耐久、’88、’90、’91年の全日本TT-F1でもタイトルを獲得した。’94年にRC45へバトンタッチ。 [写真タップで拡大]

’87 HONDA VFR750R

鍛造チタンコンロッドは、VFR750F比で1本あたり50g軽量。独自の加工法と表面処理を確立したほか、航空機で使用したチタンの切削材を再利用することで価格も抑えた。 [写真タップで拡大]

’87 HONDA VFR750R

90度V4は、直押し式バケットタイプのバルブリフターで、ヘッド周りのコンパクト化と動弁系の軽量化を達成。トラクションを追求するため、クランク角は360度とした。輸出仕様は113psを発生。 [写真タップで拡大]

’87 HONDA VFR750R

リヤシリンダーを抱きかかえるアルミツインスパーフレームに、RVFと同じ砂型鋳造プロアームを採用。フロントフォークはRVFと同じφ43mmでクイックリリース機構も備える。ワークスと同等の品質を実現するため手作りで生産され、フル稼働しても1日10台が限界だった。 [写真タップで拡大]

’87 HONDA VFR750R

小型化したカムギアトレーンを導入。バルブはRVFと同一径とし、インコネル系の耐熱合金を用いた。 [写真タップで拡大]

’87 HONDA VFR750R

燃料タンクは軽量なアルミ製で、どこまでも本格指向。長年所有してもサビにくいのもメリットだ。 [写真タップで拡大]

最新の記事

固定ページ:

1

2