#merryroseちゃんの愛車[ウィズハーレー]

スポーツスターXL1200Xフォーティーエイトカスタム〈ハーレーダビッドソン〉

スポーツスターXL1200Xフォーティーエイトカスタム〈ハーレーダビッドソン〉

『ウィズハーレー』誌・青木編集長が、XL1200Xフォーティエイトのオーナー・メリーローズちゃんにインタビュー! 普段はソフテイルデラックスでツーリング三昧なWITH HARLEYガール・真矢ちゃん、バイク女子・朱香ちゃんを交えて、フォーティーエイトの魅力を語ってもらったぞ。

●文:ウィズハーレー編集部(青木タカオ) ●写真:磯部孝夫 ●取材協力:MOTO SERVICE KATO フォレストウィング

スポーツスターの枠を越えて愛される人気者・フォーティエイト

真矢:スポーツスターというカテゴリーを越えて愛されているのがフォーティーエイト。オーナーのメリーローズちゃんも、スポーツスターっていうところは意識していないのでは?

メリー:そうだね。理屈はどうでもいい、このスタイルに惚れちゃった!

青木:ファットタイヤを履く前後16インチのホイールは、’11〜’15年式はクロススポーク仕様だったけど、’16年式からキャストタイプに。メリー号は’14年式だけど、ホイール交換で現行風に刷新され、さらにフォーティーエイトの顔である小ぶりなタンクも容量の多いアイアン用にズバッと未練なく交換。アッパーフェアリングやフロントスポイラーをセットしスポーティに見せて、全身くまなくオレンジを効かせているのも心憎い。

オーナーの #merryroseちゃん

最新トレンドを抑えたカスタムに一目惚れしフォーティーエイトオーナーとなった#merryroseちゃん [写真タップで拡大]

朱香: あっ、H-Dレーシングのスピリット宿るカラーね!

真矢:エルボースタイルのでっかいエアクリーナーだったり、マフラーの交換はオーナーになったらみんながやりたいカスタムメニュー。大改造ではないけどポイントを抑えていて、まさにトレンドを反映していると思うな。

メリー: 購入前から、この状態にカスタムしてあって「コレだ!」ってひと目惚れ。そんなに褒めないでよ、照れるなぁ〜。

真矢: 車高が低くて、小柄な女性でも両足カカトまでベッタリ。取り回しもしやすく、気軽にどこへでも乗っていけるのがいい。いつも一緒、日常の足という意味ではスポーツスターらしさは健在。ショベルの時代から、チョッパーをはじめスポーツスターはこうしたカスタムに人気だったから、必ずしもフォーティーエイトが異端児というわけではないのね。納得!

オレンジが効いたタンク
フロントフェンダーにはmerry roseの文字が入る

[写真タップで拡大]

シングルシート
プライマリーカバーにはデザインされた48の文字

[写真タップで拡大]

XL1200X FORTY-EIGHT × MOTO SERVICE KATO

[写真タップで拡大]

XL1200Xフォーティエイト:MOTO SERVICE KATOカスタム

H-D正規ディーラー出身の店主が営むショップ「MOTO SERVICE KATO」(三重県四日市)にてモディファイされたフォーティーエイト。ハードカスタムではないもののトータルバランスに優れ、見る者の目を釘付けにする。『ウィズハーレー』第6号の表紙写真にも抜擢された1台だ。

1200Xにボルトオン装着できるNoy's CUSTOM FACTORYのアッパーフェアリング
XL04年式以降に対応するフロントスポイラーはNoy's CUSTOM FACTORY

1200Xにボルトオン装着できるアッパーフェアリングや、XL04年式以降に対応するフロントスポイラーはカスタムファクトリーノイズ製。 [写真タップで拡大]

ハイフローフィルターはARLENNESS MonsterSucker
アレンネス BeveledFusion グリップ

Vツインの狭間から伸び、直角に曲がって前方へ向くハイフローフィルターはアレンネス モンスターサッカーで、グリップもアレンネス ベベルドフュージョン。 [写真タップで拡大]

2本出しマフラーはCOBRA
[写真タップで拡大]

車体に合わせブラックで統一した2本出しマフラーはコブラ。シンプルなルックスがスポーツスターによく似合う。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報