MotoGPチャンピオン×ライドハイ

【2020年MotoGPチャンピオン独占インタビュー】ジョアン・ミルの強さを形成した歳月

●文:ライドハイ(伊藤英里)  ●写真:スズキ , MICHELIN , MotoGP.com

2020年シーズンのMotoGPチャンピオン、ジョアン・ミル。23歳の若者が持つ強靭な精神力は、彼が歩んできたレース人生で築かれた。オフシーズン中に行った独占インタビューをお届けする。

MotoGPクラス参戦2年目で、スズキに20年ぶりのタイトルをもたらす

2月某日、日本時間17時、パソコンの中に顔をのぞかせたジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)は、シーズン中とは打って変わって、少し眠たげな表情をしていた。

「これから朝ごはん。それからトレーニングだよ」

と笑う。

オンライン取材だからだろうか、それとも朝9時という時間のためだろうか。2020年MotoGPチャンピオン、ジョアン・ミルの素顔がそこにあった。

少し時間を巻き戻すことにしよう。2020年シーズン、ミルはMotoGPクラス参戦2年目でチャンピオンに輝き、スズキに20年ぶりのライダータイトルをもたらした。

混戦模様にあった2020年シーズン、ミルは中盤以降、タイトル候補の1人として、幾度となく「チャンピオンシップを意識するか」という質問を投げかけられていた。第9戦カタルニアGPでランキング2番手に浮上し、第11戦アラゴンGPではついにランキングトップに躍り出る。それでもミルは、柔和な笑顔のまま、自分のペースを崩さずに淡々としているように見えた。

プレッシャーに負けない精神力

「そりゃ、プレッシャーを感じていたよ」

2020年シーズンのチャンピオンを決めたバレンシアGPでの精神状態について聞くと、ミルはそう振り返った。

「けれど、プレッシャーをマネジメントすることが大事なんだ。僕にとっては、プレッシャーをうまくコントロールして落ち着く、というのはいつものこと。レースに勝つためにそこにいる、というプレッシャーが好きなんだ。それによってかき乱されることはないよ」

ミルの話を聞いているうちにふと、2017年の日本GPを思い出した。木曜日の会見に、ミルはMoto3クラスのチャンピオン候補として出席していたのである。MotoGPで戦うライダーは、誰もが強靭な精神力を備えているだろう。けれど、落ち着き払った、当時20歳にして精神的に成熟したようなミルの様子が、とても印象に残っていた。

→全文を読む|写真6点(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報