専門メーカーの技術を結集

ウインターグローブ・ファイブWFXプライムGTX試用インプレ【操作性と防寒性の融合】

●文:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:富樫秀明 ●取材協力:岡田商事

フランスのグローブ専門メーカー・ファイブの新作ウインターモデル「WFXプライムGTX」をテスト。甲と手のひら側で中綿の量を変えているのが特徴。操作性が抜群に良く、そこにファイブの哲学を感じた。モノコックプロテクターがシームレスで装備されるなど、他にも見どころが随所に。

[〇] 冬用特有のズレがなく、高いグリップ感を実現

手のひらにゴートスキンを採用した、ファイブの新作グローブ「WFXプライムGTX」。中綿は米軍の要請により誕生したプリマロフトで、甲側に170g、手のひら側に60gと量を変えることで、装着感を高めているのがポイントだ。

甲部には特許技術の新モノコックプロテクターを挿入。人差し指~親指の側面にはシールドの水滴を拭うための人工スウェード生地も。中綿は保温性に優れているプリマロフトだ。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【FIVE WFXPRIME GTX】●色:黒 ●サイズ:S M L XL ●価格:2万4200円

第一印象は「やや硬いかな」だった。しなやかなゴートスキンに何かが貼り付けられているような感触があるのだが、これが透湿防水素材ゴアグリップの特徴のようだ。防寒性を重視した冬用グローブは、表地と裏地の間に中綿や防風フィルムを挟み込むため各層がズレやすいというネガがあるのだが、このグローブはそれが皆無なのだ。加えて手のひら側の中綿量が少ないので、スロットルやレバーを操作しているときの感触が3シーズン用に匹敵するほどダイレクト。これは実に画期的だ。

透湿防水素材のゴアテックス。中でもこのグローブに採用されているゴアグリップは、重なっている複数の生地がズレないので操作感がダイレクトなのだ。 [写真タップで拡大]

防寒性については、気温が5℃を下回る日中の高速道路で試したところ、30分ほどで指先がしんしんと冷えてきた。これよりも高い防寒性を誇るグローブもあるが、ファイブは操作性とのちょうど良いバランスを優先してこのグローブを開発したのだろう。

なお、どんなジャケットの袖口も被せられるオーバーサイズカフシステムはなかなかに優秀だ。

[写真タップで拡大]

ファスナーによってマチが広がるオーバーサイズカフシステムを採用。YKK製の止水ファスナーを採用するほか、ファスナーストッパーまで設けられている。

[写真タップで拡大]

耐切創性テストにおいて最高レベルを取得したスーパーファブリックを手のひら2か所に使用。摩耗や突き刺しにも強い。

[写真タップで拡大]

人差し指にのみスマホタッチを採用。操作性は良好だ。甲部やカフなど要所にリフレクターを設け、夜間の安全性を向上。

[△] グリップヒーターとの相性はいいのだが……

手のひらの中綿が少ない分だけグリップヒーターの熱が伝わりやすいが、そうでない車両は寒いかも。

[こんな人におすすめ] 専門メーカーの技術が結集した新世代グローブ

手元にあるいくつかの冬用グローブと比較したところ、防寒性こそ飛び抜けてはいないが、操作性が抜群に良く、そこにファイブの哲学を感じた。モノコックプロテクターがシームレスで装備されるなど、他にも見どころが随所に。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報