高い操作性と透湿防水を両立

透湿防水シューズ「XPD X-ROAD H2OUT」試用インプレッション

  • 2020/5/1
XPD X-ROAD H2OUT

スピーディのフットウェアブランド・XPDの新しい透湿防水フィルム内蔵シューズ「X-ROAD H2OUT」を試着テスト。街乗りからツーリングまで、広く対応できるのがポイントだ。

●文:大屋雄一 ●写真:岡拓

[◯]ダイレクトな操作性。防水性も期待できる

レーシングブーツから街乗り向きのライディングシューズまで、幅広くラインナップしているXPD。スピーディが長年培ってきた安全や快適性に関するノウハウを受け継いでいるのが特徴で、さらにイタリアンブランドならではのスマートなデザインもポイントと言えるだろう。

この新製品、ネーミングに「H2OUT」とあることからも分かるように、透湿防水フィルムを挿入している。テスト期間中に雨天走行はできなかったものの、アッパーとタンが一体構造になっているなど、防水性はかなり期待できそうである。

【XPD X-ROAD H2OUT】 ●色:黒、黒×黄 ●サイズ:38~48 ●価格:2万5080円
アッパーは1.5mm厚のマイクロファイバーとスエードの組み合わせ。後部にはリフレクターが備えられており、夜間走行時の被視認性を確保。

履き心地は、つま先部分の上下方向のクリアランスが少なく、レーシングブーツに近いフィット感だ。とはいえ、窮屈と表現するほどではなく、歩行も苦にならない。何より嬉しいのは、ペダルを操作したときのダイレクトなフィーリングで、さらにアッパーとソールとの段差がないことから、シフトペダルの踏み替えもスムーズだ。シティユースに適したデザインながら、操作フィールはスポーツ指向。スーパースポーツユーザーにもお勧めしたい1足だ。

XPD X-ROAD H2OUT

【東レと共同開発した透湿防水素材を使用】H2OUTはスピーディが東レと開発した透湿防水素材であり、それをXPDのフットウエアにも採用している。信頼性の高さは折り紙付きだ。

XPD X-ROAD H2OUT

シューレースがほどけるのを防ぎ、なおかつ足首のホールド力を高めるベルクロベルト。操作性も良好だ。

XPD X-ROAD H2OUT

ペダルが干渉する部分をラバーパーツで補強。つま先は薄く作られており、ペダルの踏み替えがスムーズ。

XPD X-ROAD H2OUT

くるぶしにはポリウレタン製のプロテクターを内蔵。カカトにもカップが入っており、万が一のアクシデント時に心強い。

XPD X-ROAD H2OUT

土踏まずの段差がほとんどないアウトソール。薄いながらも強度があり、ペダル操作の感触がダイレクトに伝わってくる。

XPD X-ROAD H2OUT

【カラーバリエーションはこの2色】テストで使用したブラックのほかに、左のブラック×イエローを用意。差し色の入れ方が控えめなのがポイント。

[△]蒸れ感はゼロではないとはいえ許容範囲か

防水シューズ全般に当てはまるのだが、やはりシューレースをきちんと締めた状態では少なからず蒸れ感は発生する。とはいえ透湿性が高いことは十分に感じられ、多くのライダーにとっては許容範囲だろう。

[こんな人におすすめ]履き込むほどにレベルの高さを実感する1足

足首の動きを妨げないアキレス腱のカット、ヒモが露出しにくいシューレースのレイアウト、カカトで車体をホールドしたときの剛性感など、履き込むほどに良さを実感。スポーティな操作性を求めるライダーにぜひ試してほしい。

最新の記事

固定ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。