第3号刊行のお知らせ×ライドハイ

RIDE HI 最新号発売中!「ネクストステージはどのバイク?」「鈴木亜久里×CB750Four」ほか

RIDE HI No.3では、ビモータ テージH2に国内初試乗! 特集には様々なFUNなバイクが登場。「あなたにとってのいちばんのファンバイクはなんですか?」

モータTESI H2を国内初試乗!

「カワサキがビモータへ資本参入する」2019年ミラノショーでの衝撃から約1年2カ月。いよいよ新生ビモータ第1段のTESI H2が上陸。ビモータの独自機構であるハブセンターステアシステムとカワサキの誇る超絶スーパーチャージドエンジンの組み合わせとは⁉︎ YouTube『RIDE HI』:ビモータTESI H2 宮城光&ネモケンの感動炸裂トーク!

ライドハイ テージH2

巻頭特集は「あなたにとってのいちばんのファンバイクはなんですか?」。性能追求バイクは目指す頂点が同じでどれも似てしまいますが、今は排気量やパワーの数値にこだわらず、誰にでも楽しめるバイクが続々登場しています。スペックを追わないFUNバイクたちを紹介します! [写真タップで拡大]

登場車種

・ドゥカティ モンスター1200S
・BMW F900R
・MVアグスタ スーパーベローチェ800
・モト・グッツィ V7 STONE/SPECIAL
・ロイヤルエンフィールド コンチネンタルGT650/INT650
・トライアンフ トライデント660
・BMW M1000RR

その他

自分には関係ないと思っていた電子制御が身近なものに
5つの質問から考える、好印象&安全な街乗りスタイルの作り方

RIDE HI No.3

RIDE HI No.3 [写真タップで拡大]

RIDE HI No.3

RIDE HI No.3 [写真タップで拡大]

ライテクは「腰をズラすのはなぜ?」。レースシーンでよく見るこのフォーム。そもそもなぜライダーは腰をズラすようになったのか? 今回はキャリアや目的別に合わせて腰をズラすメリットやズラした時の効能をご紹介!

・ターゲット1 腰をズラしていない人→腰をズラしてみよう!
・ターゲット2 腰をズラすメリットを感じられていない人→乗り方を確認してみよう!
・ターゲット3 もっとアクティブに乗りたい人→積極的に大きく動いてみよう!
・ターゲット4 ジェントルに走りたい人→リーンウィズを極めよう!

RIDE HI No.3

RIDE HI No.3 [写真タップで拡大]

one to oneには鈴木亜久里さんが登場し、レース関連ではMotoGPチャンピオンを獲得したSUZUKI GSX-RRの開発者インタビュー、中上貴晶選手、小椋 藍選手のインタビューを実施。また、原田哲也さんと参戦してきたRIDE HIレーシングの耐久茶屋参記では原田さんと編集長・小川の走りをデータロガーで比較してみました。

RIDE HI No.3

RIDE HI No.3 [写真タップで拡大]

RIDE HI No.3

RIDE HI No.3 [写真タップで拡大]

RIDE HIアーカイブでは、エリック・ビューエルをクローズアップ。ライドレクチャーではコーナリングの基本をおさらい。知っておくと市街地の交差点などでも「ちゃんと曲がれる!」を実感できるコツをご紹介!

RIDE HI No.3

RIDE HI No.3 [写真タップで拡大]

RIDE HI No.3

RIDE HI No.3 [写真タップで拡大]

RIDE HI No.3
[写真タップで拡大]

→コンテンツ詳細&購入はコチラ(ライドハイ公式サイト)

RIDE HI No.3(2021年3月号)
判型 A4変形(220mm×297mm)
144ページ オールカラー
定価1,100円(本体価格1,000円)
全国の書店、Amazonで発売中!


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報