ノーマル&イカヅチチューンで挑む

【映像】ニンジャZX-25Rは実測200km/hを超えられるのか?! JARI高速周回路で真冬のアタック!

ニンジャH2Rでの400km/hアタックやニンジャZX-10Rによる鈴鹿8耐/世界耐久選手権への参戦などでその名を轟かすトリックスターは、「世界最強のニンジャZX-25R」をつくる計画も進めている。これまでの解析で明らかにしてきたパワーアップのノウハウを結集し、極寒のJARI高速周回路に挑んだ!

車両別アーカイブ:カワサキ ニンジャZX-25R

用意したのはSTD、アクラ、イカヅチJMCA、イカヅチレーサーの4仕様

ニンジャZX-25Rで200km/hの壁に挑む! それは250ccという限られた排気量の現行4スト市販車で、しかもエンジン内部には手を入れないという条件で行うとなると簡単な話ではない。

いやいや、俺のバイクはノーマルで190km/hぐらい出たからマフラーとかチューニングをすれば200km/hなんて余裕でしょ! と思う向きもあるだろう。だがそれは往々にしてメーター読みの数字であり、実測200km/hとなるとまた別の話である。

実際のところ、トリックスターのフルチューン仕様ニンジャZX-25Rは、富士スピードウェイの直線でメーター読み202km/h(GPSロガーによる実測195km/h)をすでに達成し、映像を公開している。だが、今回はヤングマシンとトリックスターのコラボレーションによるテストで、JARIこと日本自動車研究所 城里テストコースの高速周回路を使う。ここは実測200km/h超えを是が非でも狙いたい。

トリックスターが用意してだのは4台のニンジャZX-25R。

1.フルノーマル車
2.アクラポヴィッチ製JMCAマフラー装着車
3.イカヅチJMCAマフラー装着車
4.トリックスター フルチューン車

ライダーは左から丸山浩、山本剛大、鶴田竜二。バイクは手前の白がトリックスターによるフルチューン仕様、手前→はイカヅチJMCA、中列左はアクラポヴィッチJMCA、奥はフルスタンダードだ。右の黒いマシンはただのリーサルウェポンである。 [写真タップで拡大]

以上の4台を使用し、我らがマルちゃんこと丸山浩と、トリックスター代表の鶴田竜二、アジア選手権AP250クラス初代王者の山本剛大選手の3名が高速周回路を実走。その結果は映像にて確かめていただきたい。

最後には、ある“裏技”を使用して実測200km/hを達成。フルチューンだけでなく、イカヅチJMCAでも限界を突破した。

ちなみに、ニンジャZX-25Rによる実測200km/h突破は世界初だ。トリックスターではさらなるチューニングを進め、エンジン内部にも手を入れながら、ボンネビルで最高速度記録250km/hを狙うつもりだという。刮目して待て!

1周の長さは5500mの日本自動車研究所 城里テストコース・高速周回路。そそり立つバンクの上を駆け抜ける姿を、コース脇からは見上げることになる。その向こうには空しか見えない。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報