フォレストウィングのハーレーツーリング

アスファルト・カウガールが行くハーレーツーリング&アクティブアウトドア【釣りも射撃も】

アスファルト・カウガールが行くハーレーツーリング&アクティブアウトドア【釣りも射撃も】

●文/写真:ウィズハーレー編集部(森下光紹) ●取材協力:フォレストウィング

ハーレーツーリング&アウトドアでアクティブに遊ぼう!

名古屋でチューニング&カスタムショップ「フォレストウィング」を営む奥藤悟氏は、遊びの達人としても有名だ。自身の趣味は、登山/キャンプ/フィッシングといった完全アウトドアスタイル。それらにバイクライディングを関連付けるツーリング企画をいつも考えている人である。

今回は、以前このショップでハーレーをレンタルしてみた人気ユーチューバー「アスファルト・カウガール」のセイカピー&マオピーが、その楽しさに魅了されて、ついに愛車も手に入れて初ツーリングへ。彼女たちに同店のユカピーも加わって、真夏のハーレーツーリングを楽しんだ。

「『アスファルト・カウガール』という名前は、バイクでアクティブに遊ぼうという意味で命名したんです。ハーレーも手に入れちゃったから、ますますぴったりでしょ。これからツーリングやカスタム。様々な動画を配信するからお楽しみにね」

セイカピーこと宮井聖佳ちゃんはスポーツスターのセブンティーツー。マオピーこと中嶋真緒ちゃんはローライダーを手に入れて、なんとこの日が初乗りとなった。目的地は愛知県の風光明媚な渓谷・香嵐渓方面。先導はもちろん奥藤社長で、最後尾にはスタッフのユカピーが付く。

アスファルト・カウガールが行くハーレーツーリング
アスファルト・カウガールが行くハーレーツーリング

1ヶ月前にレンタルハーレーを試乗した二人。そして念願のハーレーオーナーになった。 [写真タップで拡大]

アスファルト・カウガールが行くハーレーツーリング|マオピー

「マオピー」こと中嶋真緒ちゃん。モトクロスにも参戦予定だとか [写真タップで拡大]

アスファルト・カウガールが行くハーレーツーリング|セイカピー

「セイカピー」こと宮井聖佳ちゃん。自転車のロードレースも参戦中 [写真タップで拡大]

アスファルト・カウガールが行くハーレーツーリング|フォレストウィング
アスファルト・カウガールが行くハーレーツーリング|フォレストウィング

[左] フォレストウィングのスタッフ・ユカピーこと近藤有香ちゃん。今や敏腕チューナーとして活躍 [写真タップで拡大]

高速道路を少し走って三河山間部へ。真夏だが木漏れ日が涼しいローカルロードを経て、神越渓谷のマス釣場にたどり着いた。「さぁ、釣るぞー」のかけ声とともに、初めての渓流釣り開始。聖佳ちゃんは海釣りの経験があるものの、他の二人は初体験。しかし、魚影の濃い渓流は、3人とも入れ食いとなって大騒ぎだった。

釣りを楽しみながら、河原でバーベキューパーティー。釣った魚も炭火で焼いて食べる。これは最高の贅沢だ。都会ではこの日も40度に迫る猛暑が続いていたが、ここにはマイナスイオンがいっぱいで、通り抜ける風も爽やか。そして美味しいものが沢山あるという、最高のツーリングなのだ。

アスファルト・カウガールが行くハーレーツーリング|フォレストウィング
アスファルト・カウガールが行くハーレーツーリング|フォレストウィング

[写真タップで拡大]

アスファルト・カウガールが行くハーレーツーリング|フォレストウィング
[写真タップで拡大]

「さて、次いくぞー」という奥藤氏の掛け声で撤収。釣りはツーリング前半のハイライトなのである。では後半はというと・・・。

たどり着いたのは「愛知県総合射撃場」。奥三河の山間部にある、クレーライフル等のシューティング施設である。様々なカテゴリーが用意されていて、初心者には実弾を撃たないレーザーシューティングが体験できるのだ。

重厚なライフルは本格的なもので、インストラクターからレクチャーを受けて開始。奥藤氏も加わって真剣に20発撃った結果は、聖佳ちゃんの優勝だった。

「釣りは真緒ちゃんに負けたから、ここは頑張っちゃった。わたし、射撃向いてるかも。気持ちも落ち着くし、いいね」

料金は、なんと1時間150円。驚きの安さにビックリだが、楽しめる穴場スポットだった。

アスファルト・カウガールが行くハーレーツーリング|フォレストウィング

[写真タップで拡大]

アスファルト・カウガールが行くハーレーツーリング|フォレストウィング

[写真タップで拡大]

アスファルト・カウガールが行くハーレーツーリング|フォレストウィング

[写真タップで拡大]

陽も傾いて帰路につくころには、ふたりのライディングもスムーズになってきた。すると奥藤さんが「僕のFLTRXSに乗ってみる?」と言い出して、なんとバイクを交代。排気量2000ccのモンスターまで初体験できたツーリングは、日没前に無事終了した。

「ハーレーって、やっぱり旅バイクってイメージよね。そんなに飛ばさなくても楽しいし、飛ばしても楽しい。それに、慣れると意外に峠道でも楽しく走れる。きっと乗れば乗るほど奥が深いんだなって、思いましたね」

カウガールの今後は、ハーレーの登場回数が増えそうな予感がする。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報