「ワタシ、川渡りもイケるんです!」

【動画】『池の水』にCT125ハンターカブで挑む! 空気が吸える限界は何センチ?

  • 2020/11/25

ヤングマシンおなじみのガチテスト……と言いたいところだが、むしろ過酷テストと名付けたい、水没(しないための)試験をホンダ「CT125ハンターカブ」に課す! 本誌最新号・2021年1月号で掲載している記事の“裏側のリアル”を映像でお届けしたい。

「バカだなぁ…」は我々にとって褒め言葉ッ!

2020年6月26日に発売されたホンダ「CT125ハンターカブ」は、メーカーの販売計画台数を超えてなお売れ続けている大人気車だ。本誌関係者でも購入しオーナーになった者がいるほか、人気芸人のハンバーグ師匠が社用車として(?)購入したことでも話題になった。

人気の秘密は、なんといってもその可愛らしいスタイリングと、その気になれば森の奥深くに入り込み、“ハンターカブ”の名の通り狩りにでも使えそうなヘビーデューティな雰囲気が漂っていること。シュノーケルのようなハイマウント吸気ダクトにアップタイプのマフラーが、やる気をそそる。

そう、そんな雰囲気が漂っているのだ。だがちょっと待て。雰囲気は雰囲気であり、本物である証明にはなっていないじゃあないか!

……と、なかば言いがかりのようにCT125ハンターカブのタフさ加減に疑義を申し立てた者たちこそが、我々ヤングマシンなのである。ホンダ関係者におきましては本当に申し訳ございません。

さて、アップタイプの吸排気口はなんのためにあるのか。それは『池の水』に負けないためである。池に限らず、川渡りでもいいし、災害時の泥水の混入を防ぐためとも言える。

その実力を検証するために選ばれた勇者は誰か。フリーライターを名乗る駆け出しユーチューバー、ヤタガイヒロアキである。

そんなこんなで我々はCT125ハンターカブを、協力者であるMOTOツーリング編集長・神田さんが所有する長野県内の基地に運び込み、すでに冬の気配が近付く庭の池で、このたびの過酷テストを行うことにした。

その結果と経緯については下記映像をご参照されたし。ひと言「バカだなぁ……」と言っていただければ本望であるッ!


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ