高級腕時計!? もはや工芸品の趣

独断と偏見で選んだ”カッコいいメーター”ベストテン【唯一無二の独自インターフェイス】

  • 2020/10/16
独断と偏見で選んだ"カッコいいメーター"ベストテン【唯一無二の独自インターフェイス】

第1位:ヤマハ ロードライナーシリーズ【ビンテージ高級腕時計の風雅】

クロームメッキのベゼルに、独特な書体と配置の数字、セピアがかった文字盤と、まさに戦前のビンテージ高級腕時計。手前の回転計と燃料計がアナログなのもニクい。さらに指針が透明で、上部だけ水色なのもサイコー。まさに最高傑作である。車両は’00年代に北米で販売された大型クルーザー也。

ヤマハ ロードライナーシリーズ

[写真タップで拡大]

第2位:アプリリア モト6.5【すべてがマルになる】

浅草にある炎のオブジェで有名なフィリップ・スタルクがデザイン。丸みを帯びた車体と同様、メーターも丸で統一。オドの窓と4分割インジケーターに注目!

アプリリア モト6.5

[写真タップで拡大]

第3位:サクソン ST900【そのバイク工事中につき!?】

「配管が真ん中にあるんで取りあえず水温計付けておきました~」的なレイアウトが至高。英国ビルダーが’95年に手掛けた1台で、心臓にトライアンフの3気筒を積む。

サクソン ST900

[写真タップで拡大]

第4位:スズキ RE-5【なぜ茶筒が開くのですか?】

キーONでツメが外れ、カバーが開く仕組み。理由はまったく謎だが、昔の”スーパーカーライト”的な意味合いか? なお茶筒は’74初代のみだ。

スズキ RE-5

[写真タップで拡大]

第5位:ヤマハ ウォーリア&ミッドナイトシリーズ

これも’00年代デビューの北米仕様クルーザーで、調和が取れた上下の楕円コンビと、蒼の色が素晴らしい。当時のヤマハのメーターはまさに神!

ヤマハ ウォーリア&ミッドナイトシリーズ

[写真タップで拡大]

第6位:ハーレーダビッドソン ’96~’13ツーリングシリーズ

大小6つのアナログ計器が昔ながらのコクピットの趣。現行型は液晶が大型化&カラーのタッチパネルとなり、アナログメーターが4個に!

ハーレーダビッドソン '96~'13ツーリングシリーズ

[写真タップで拡大]

第7位:カジバ Vラプトールシリーズ

カウルとタンクをつなぐ異様なブリッジの奥に、これまた味のあるメーターが鎮座。栗が食べたくなる!?

カジバ Vラプトールシリーズ

[写真タップで拡大]

第8位:ホンダ NR

表面から130mm奥に速度が浮かぶ液晶ディスプレイが恐ろしく見やすい。スマートヘルメットの先駆者?

ホンダ NR

[写真タップで拡大]

第9位:トライアンフ スクランブラー1200XC/XE

唯一の現行車として入賞。フルカラーTFT液晶パネルだが、デザインが昔ながらのアナログチックで好み!

トライアンフ スクランブラー1200XC/XE

[写真タップで拡大]

第10位[スズキ GSX1100S カタナ]

速度計とタコの指針が逆に動く! 何かを必死にバランスさせるような動きがタマラン。丼メシ3杯イケます!

スズキ GSX1100S カタナ

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2