プジョー210年を記念し21台限定で発売

プジョー創業210周年! スクーター「ジャンゴ125 ABS」にリミテッドエディション登場

  • 2020/9/26
プジョー創業210周年! スクーター「ジャンゴ125 ABS」にリミテッドエディション登場

aideaは、2020年9月26日にプジョーが創業210周年を迎えることを記念して、「ジャンゴ(Django)125 ABS 210周年リミテッドエディション」を21台限定で発売すると発表した。発売は同日、2020年9月26日だ。価格は43万7800円。

トリコロールのスペシャルカラーに専用の210ロゴをあしらう

aideaが発表した「ジャンゴ125 ABS 210周年リミテッドエディション」は、1950年代の「プジョー S55」を現代に復刻したネオレトロスクーター、ジャンゴシリーズに、プジョー210年の歴史を凝縮した限定モデル。フランス国旗と同じトリコロール(3色)のグラフィックをあしらい、スペシャルシートや専用デカールで彩りを添えている。

プジョーが最初にモーターサイクルをつくったのは1898年で、「プジョーモトシクル」は現存する世界最古のモーターサイクルブランドとされているが、プジョーブランド自体のはじまりはもっと古く、210年前の1810年までさかのぼる。19810年、フランス東部のエリモンクールを拠点に、ジャン=ピエール・プジョーとジャン=フレデリック・プジョーの兄弟による家族経営の製鉄業としてスタート。最高品質を示すライオンマークをつけた工具類や傘、クリノリン、コーヒーミル、自転車など、鉄を材料としたさまざまな製品を製作したという。

その後、1890年に世界初の量産四輪車を製造し、1989年に自身初のモーターサイクルを生み出したわけだ。1907年には第1回マン島ツーリストトロフィーにプジョー製Vツインエンジンを搭載したノートンが出走して勝利を飾っている。そして1953年、今回紹介したジャンゴのモチーフとなったS55が誕生した。その歴史は関連記事に詳しい。

「ジャンゴ125 ABS 210周年リミテッドエディション」は限定21台で2020年9月26日に発売される。

PEUGEOT DJANGO 125 ABS 210 YEARS LIMITED EDITION

【PEUGEOT DJANGO 125 ABS 210 YEARS LIMITED EDITION】主要諸元■全長1925 全幅710 全高1190 軸距1350 シート高770(各mm) 車重129kg(乾)■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 125cc 10.2ps/8500rpm 0.9kg-m/7000rpm 無段変速 燃料タンク容量8.5L■タイヤサイズF=120/70-12 R=120/70-12 ●価格:43万7800円 ●色:トリコロール ●発売日:2020年9月26日

プジョー ジャンゴ125 ABS 210周年リミテッドエディション

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

1810年からはじまった210年の歴史を表現する210デカールをサイドに配置。ゼッケンプレートのようにも見える。

[写真タップで拡大]

フランス国旗と同じ青、白、赤の3色(トリコロール)を表現するスペシャルカラー。

[写真タップで拡大]

金属製のDjango デカール。

[写真タップで拡大]

フランス語で赤を表わす“ルージュ”のシートは、白のパイピングを施した210周年リミテッドエディション専用。座面にはダイヤモンドキルトデザインを採用している。

[写真タップで拡大]

同じくルージュのバックレストを採用。表皮はシートと同じ素材を用いている。

●情報提供:aidea
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2