1898年、第1回パリ・モーターショーで最初のバイクを発表

知っていましたか? 世界最古のモーターサイクル・ブランドがプジョーということを

  • 2019/5/25

ADIVAは、ネオレトロスクーターのプジョー・ジャンゴシリーズに「ジャンゴ150 ABS 120thリミテッドエディション」を設定。2019年2月に125ccバージョンを限定100台で発売していたが、今回は150ccモデルの登場だ。発売日は5月24日。

フランスのプジョーとは……?

120周年記念モデルを紹介する前に、その120年の歴史を知っておきたくなる。なにせ、トライアンフやハーレー、ハスクバーナ、ロイヤルエンフィールドと100年を超えるブランドはいくつかあるものの、明確に世界最古を謳いながら現存するのはプジョーだけだからだ。

1810年にこのライオンマークのプジョーがスタートした。

そもそもプジョーブランドのはじまりは1810年。15世紀から続くプジョー家の末裔、ジャン=ピエール2世とジャン=フレデリックが、製鋼所としてPeugeot Frères Aînés et Jacques Maillard-Salins(プジョー兄弟とジャック・マイヤール・サランの会社)を創立。堅牢さ、しなやかさ、素早さを象徴し、最高品質であることを示す「ライオンマーク」を掲げたプジョーブランドは、ここから始まったのだ。プジョー自身が第1号車として作ったのは3輪自動車で、動力は蒸気機関。これは1890年のパリ万国博覧会で、ジャン=ピエール・プジョーの孫であるアルマン・プジョーの手によるものだった。

1898年:最初のモーターサイクル

プジョー・モトシクルによれば、まず世界で最初のモーターサイクルが発表されたのは1873年のウイーン万博とのこと。これはフランスの発明家「ルイ・ギヨーム・ペロー」の開発によるものだった。そして1898年、同じくフランスのプジョーが初のモーターサイクルを第1回パリ・モーターショーで発表。ド・ディオン・ブートン・エンジンを搭載(後輪部分にマウント)し、斬新な車体構造だった。

後輪部分にエンジンをマウントした。

1907年:マン島での勝利

現在に至るまで公道レースの最高峰として存続しているマン島ツーリストトロフィー。その第1回大会で、レム・ファウラーの駆るプジョー製Vツインエンジンを搭載したノートンが勝利を収める。

プジョー製Vツインエンジン(OHVの726ccと言われる)を搭載したノートンのレーシングマシン。

1930年:プジョー製モーターサイクルが黄金時代を迎える

1920年代後半からは、350ccの『P105』、250ccの『P108』などの新製品を発表。1930年には1万8602台という、当時としては記録的な販売台数を達成した。

1930年には1万8602台という販売台数を記録。

1934年:3つの世界記録を達成

フランスのボルドールでの耐久レースにおいて、500ccの『P515』が、2000kmおよび3000kmの平均最高速度、24時間走行の平均最高速度という3つの世界記録を達成した。

ボルドール24時間耐久レースで3つの記録を達成。

1953年:初のスクーターが登場

世界的に人気を博したプジョーの小型乗用車『203』を想起させる、丸みを帯びたスタイルのスクーター『S55』が登場。フロントのラゲッジスペースと独立したダブルシートが特徴的で、ヨーロッパ各地で多くの人々に親しまれた。

同社の小型自動車 203 をイメージした S55 が発売された。

2014年:伝説のSシリーズの復刻

1950年代に登場した、プジョー初のスクーター『S55』にインスパイアを受けた新しいスクーター「ジャンゴ」の発売を開始。スタイリッシュなネオレトロスクーターの世界を広げた。

現在も販売される『ジャンゴ』が登場。

2018年:モーターサイクル製造120周年

プジョーが生まれた場所であるパリ・モーターショーにおいて、歴史的モデルから最新EVまで各年代のプジョーによるパレードを実施。120年におよぶ歴史と新たな時代の始まりを感じさせた。そう、実のところ2019年は121周年にあたる年になる。

歴史的モデルから最新EVまでが並ぶ。

パリの街並みの中をパレードラン。

プジョー ジャンゴ150 ABS 120thリミテッドエディション

今回の限定モデルのベースとなるジャンゴは、1950年代の「プジョー S55」を現代に復刻させたネオレトロスクーター。流麗なボディラインにABS、スマートフォン用電源など最新の装備を組み合わせ、新しい世代のライダーたちに訴求する。広く厚みがあり、座り心地の良い前後セパレートシートは、フランス車ならではの装備。シート下には十分な収納力を備え、タンデムでの小旅行もこなす。エンジンは空冷単気筒エンジンを搭載し、心地よいフィーリングを演出している。

そんな、現存する最古のモーターサイクルブランドの歴史を体現するジャンゴシリーズに、特別なモデルが生まれた。外観だけのレトロモデルではなく、120年を超える歴史に根差した本物。ブランドを象徴するカラーをまとった「ジャンゴ150 ABS 120thリミテッドエディション」がそれだ。

【PEUGEOT DJANGO 150 ABS 120th Limited Edition 2019】主要諸元■全長1925 全幅710 全高1190 軸距1350 シート高770(各mm) 乾燥重量129kg■空冷4ストローク単気筒 SOHC2バルブ 151cc 11.6ps/8000rpm 1.1kg-m/6000rpm 変速機無段 燃料タンク容量8.5L■タイヤサイズF=120/70-12 R=120/70-12 ●価格:47万5200円

[左上]ショートスクリーン/[右上]専用カラー「キャメルオレンジ」ハンドルグリップ/[左下]専用カラー「キャメルオレンジ」シート&バックレスト/[右下]シリアルナンバープレート

PEUGEOT DJANGO 150 ABS 120th Limited Edition

関連する記事/リンク

[blogcard url=”https://young-machine.com/2018/10/11/14678/”]
[blogcard url=”https://young-machine.com/2019/05/19/34265/”]

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)