ティーザーサイト公開で8月21日発表と宣言

ホンダCBR600RRが新型に転生! ウイング装備でパワモ、トラコン、ウイリー制御、エンブレ制御も

  • 2020/8/6
ホンダCBR600RR 2021年モデル

ホンダは2020年8月21日に正式発表予定として、新型「CBR600RR」に関する情報をホームページ上で先行公開した。従来型をベースとした車体に最新の電子制御技術を組み合わせ、空力向上に加えてウイングレットまで装備している模様が写真と映像から判明。サウンドや回転上昇の様子は、フルパワーであることも示唆しているようだ。

ジャストサイズで楽しめる600ccスーパースポーツ、復権へ!

ホンダは2020年8月6日、突然のティーザーサイトオープンを告知した。そこで見られるのは、CBR1000RR-Rの外観テイストを反映したCBR600RRの姿だ。詳細については未発表だが、2020年8月21日に正式発表を予定しており、市販車によるプロダクションレースのベースモデルとしての高いポテンシャルを日常においても楽しんでもらえる、ジャストサイズのスーパースポーツとして開発しているという。

従来モデルから引き継がれた高出力かつ扱いやすい出力特性と軽快なハンドリングに磨きをかけ、サーキット走行におけるパフォーマンスとや公道ワインディングなどにおける扱いやすさを高次元で両立させ、操る悦びを追求したとしている。

さて、ここまではニュースリリースで発表された通りだが、食い入るようにティーザー映像を見てみると、メーターが何度か表示されており、ここに電子制御の項目を示唆する文字列があった。また、レッドゾーンは従来と同じ1万5000rpmであることも判明したほか200km/hを超えるスピードも確認できる。

これらから想像できるのは、サーキットで200km/h以上を発揮できる仕様で発売されそうということだ。CBR1000RR-Rと同様のフルパワーも当然ながら実現してくるはず。そして電子制御だ。モード1という表示があるので、パワーやトラコンを統合制御できる走行モード切替の搭載は確定。そしてパワーモード、トラクションコントロール(ホンダでいうところのセレクタブルトルクコントロール)、ウイリーコントロール、そしてエンジンブレーキ制御の項目も見える。統合制御のほかにそれぞれの個別セッティングも可能だろう。

ホンダCBR600RR 2021年モデル

ホンダ新型CBR600RRはCBR1000RR-RのDNAを感じさせるフェイスリフトに加えてウイングレットを装備。センターアップマフラーやシートカウルまわりの造形は従来型から大きく変わっていないようだが、排気音はかなり勇ましい。

また、内燃機関の映像が繰り返し出てくることと、ヤンマシが事前につかんでいた情報を総合的に考えると、エンジン自体のパフォーマンスアップも図られているに違いない。空力性能を追求した新型カウルや、RR-Rとも違うウイングレットの装備は、スペック以上の走りを期待させてくれる。

以上が新型CBR600RRに関して現時点で考えられることのすべてだ。あとは8月21日を待つのみ!

ホンダCBR600RR 2021年モデル

真横から見るとホイールベースの短さが印象的。車体のスペックはどう変わっているのだろうか? 左側面の写真がないので、残念ながらクイックシフターの有無はわからず……。

ホンダCBR600RR 2021年モデル

こちらが映像中に一瞬だけ見えるメーター。TFTパネルに表示されるスピードは200km/hをゆうに超えているほか、レッドゾーン1万5000rpm、各種電子制御の項目などがわかる。

ホンダCBR600RR 2021年モデル

ホンダCBR600RR 2021年モデル

ホンダCBR600RR 2021年モデル

ホンダCBR600RR 2021年モデル

ホンダCBR600RR 2021年モデル

最新の記事

固定ページ:

1

2