購入者はMotoGPマシンに試乗するチャンスも

224ps/159kgのスペシャルバイク ドゥカティ「スーパーレッジェーラV4」500台限定で生産開始

  • 2020/6/22
ドゥカティ スーパーレッジェーラV4

ドゥカティが誇るスーパーバイク世界選手権ホモロゲマシン・パニガーレV4Rと同じ998cc/224psのV4エンジン「デスモセディチ・ストラダーレR」を搭載しながら、レースベース車では使用できない先進の軽量素材を用いたスペシャルマシン「スーパーレッジェーラV4」の生産が開始された。世界500台限定のマシンは誰の手に渡るのか。

カーボン製のフレーム、スイングアーム、ホイールを備える

ドゥカティは、史上最強の量産V4エンジン「デスモセディチ・ストラダーレR」を搭載したドリームマシン「スーパーレッジェーラV4」の最初の1台をボルゴパニガーレ・ファクトリーからラインオフした。スーパーレッジェーラV4は生産台数500台の限定モデルで、世界で唯一となるカーボンファイバー製のフレーム、スイングアーム、ホイールを備えた“公道走行可能な”モーターサイクルだ。

驚くべきことに、スーパーレッジェーラV4を購入したすべてのユーザーには、スーパーバイク世界選手権(SBK)び“オフィシャル”パニガーレRを試乗する機会が提供されるだけでなく、“MotoGPエクスペリエンス”への参加を申し込むことによって、デスモセディチGP(MotoGPマシン)に試乗することができる特別な機会も提供されるという。

スーパーレッジェーラV4に採用された最先端の素材と技術的ソリューションは、たった500台の限定で生産されることにもあらわれている。販売される車両には、本物であることの証明書が付属するほか、500までの連番で示されるシリアルナンバー(XXX/500)が、ステアリングヘッドとイグニッションキーに刻印されている。

さらに、“SuMisura Ducati”を使用してエアバッグ付スーパーレッジェーラV4レザースーツをオーダーメイドする機会や、カーボンファイバー製ヘルメットを注文する機会も提供される。

また、このモーターサイクルには専用のレーシングキットも付属。その内容は、アクラポヴィッチ製チタニウム・コンプリート・レーシング・エグゾースト(サーキット走行専用 ※日本仕様のスーパーレッジェーラV4には付属されません)、カーボンファイバー製オープン・クラッチカバー、チタニウム製“スライダー”が装着されたカーボンファイバー製スイングアーム・カバー、ヘッドライトおよび灯火類の交換キット、ライセンスプレート・ホルダー取り外しキット、サイドスタンド取り外しキット、ビレット・アルミニウム製ミラーホール・プラグ、ドゥカティ・データ・アナライザー+GPS(DDA+GPS)、レーシング・フューエルキャップ、ブレーキレバー・プロテクション、バイクカバー、フロント&リア・スタンド、バッテリー充電器となっている。

ドゥカティ スーパーレッジェーラV4

DUCATI SUPERLEGGERA V4[2020 model]

【DUCATI SUPERLEGGERA V4[2020 model]】主要諸元■全長/全幅/全高未発表 軸距1480 シート高835(各mm) 乾燥重量159kg(レーシングフルエキゾースト装着時152.2kg)■水冷4ストロークV型4気筒DOHC4バルブ 998cc 224ps/15250rpm(レーシングフルエキゾースト装着時 234ps/15500rpm) 11.8kg-m/11750rpm(レーシングフルエキゾースト装着時 12.0kg-m/11750rpm) 変速機6段(アップ/ダウン対応クイックシフター) 燃料タンク容量16L■キャスター24.5°/トレール100mm ブレーキF=φ330mmダブルディスク+4ポットキャリパー R=φ245mmディスク+2ポットキャリパー タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/60ZR17 ●価格:未発表

全てのオーナーにスーパーバイクマシン試乗機会を、30名限定でMotoGPマシン試乗のチャンスも

スーパーレッジェーラV4プロジェクトでは、“スーパーバイク・エクスペリエンス”と呼ばれる特別なイベントに参加する機会が得られるというユニークな取り組みも。このイベントは、ドゥカティおよびドゥカティコルセが協力し、この限定モデルのオーナー専用にイタリアのムジェロ・サーキットで開催され、なんとスーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦しているパニガーレV4 Rに試乗することができるというもの。さらに、30名のオーナーに限定された“MotoGPエクスペリエンス”への参加機会も得られる。このイベントに参加したオーナーは、ドゥカティコルセのメカニックによる指導のもと、デスモセディチGPをサーキットで走らせることができる。一般のライダーが、デスモセディチGPに乗ることができるのは今回が初めてだという。これら2つのイベントは、2021年に開催される予定だ。

ドゥカティ スーパーレッジェーラV4

フレーム、サブフレーム、スイングアーム、ホイールはカーボン複合素材で製作。これらのコンポーネントのみで6.7kgの軽量化(2020年モデルのパニガーレV4比)を達成している。

ドゥカティ スーパーレッジェーラV4

1103ccのデスモセディチ・ストラダーレに比べて2.8kg軽量なデスモセディチ・ストラダーレRエンジンを搭載。アクラポヴィッチ製エキゾーストシステムにより、公道走行可能な状態で最高出力224psを発揮する。

ドゥカティ スーパーレッジェーラV4

今回ラインオフされた第1号機には001/500のシリアルナンバーが付く。連番のシリアルナンバーは車台番号と一致し、ステアリングヘッドとイグニッションキーに刻印されている。

ドゥカティ スーパーレッジェーラV4

フェアリングも含めて全てカーボン製。レギュレーションによって規制を受けるMotoGPマシンをも凌ぐ空力性能を発揮する。規制前の2016年型MotoGPマシン・デスモセディチGP16からヒントを得たバイプレイン(二翼)フロントウイングは、270km/h時に50kgものダウンフォースを発生し、ウイリーを抑制することによって電子制御の介入を減らし、加速を改善。ブレーキングの安定性も高めるという。

最新の記事

固定ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。