ホンダモーターサイクル タイランドが映像を公開

【映像】ひと足先にハンターカブの世界を体験! ホンダの原付二種「CT125」は最高のレジャーバイクだ!

  • 2020/6/3
ホンダ CT125 ハンターカブ

2020年6月26日に発売予定のホンダ「CT125 ハンターカブ」について、生産拠点でもあるタイでイメージ映像が公開された。南国の海やサーフボードが想像以上に似合う。日本では予約受注も好調だが、新型コロナウイルスの影響による生産遅延もあるという。愛車にして走り回る日を夢見て、まずは映像を楽しみたい。

Honda CT125 Time to trail「ちょっと道を外れてみない?」

ホンダ「CT125 ハンターカブ」は、2020年6月26日に発売予定の原付二種レジャーバイク。往年のCT110をリスペクトしたスタイリングに包むのは、スーパーカブC125をベースとした車体で、上下クランプを持つテレスコピックフォークや前後ディスクブレーキ、スポークホイールなどが特徴になっている。

昨秋の東京モーターショーではコンセプトモデルが発表されたが、瞬く間の市販化でファンの心をわしづかみに。ただ、生産拠点であるタイ工場が今般の新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の影響による操業時間の短縮対応をしていることにより、生産に遅延が発生していて、発売日には変更がないものの、一気に潤沢な台数が揃うというわけにはいかなそうだ。

そんな中、ホンダモーターサイクル タイランドが公開したのが、今回紹介する映像だ。トレッキング エクスプローラーデザイン、大きなリヤキャリア、フルデジタルスピードメーター、フルLEDライトといったキーワードを躍らせながら、山間部を出発して海へと走り抜けていく。本格オフロードバイクのようにカッ飛ばすわけでもなく、かといってオンロードモデルのように恐々でもない。心底楽しみながら、自分のペースを守ることができる。コロナ禍が落ち着いたらどこか遠くへ行きたい……そんな気持ちがあふれてくる1分30秒の映像だった。

ホンダ CT125 ハンターカブ

ホンダ CT125 ハンターカブ ※映像より(タイ仕様) [写真タップで拡大]

ホンダ CT125 ハンターカブ

ホンダ CT125 ハンターカブ ※映像より(タイ仕様) [写真タップで拡大]

Honda CT125 HUNTER CUB[2020 model]

ホンダCT125 ハンターカブ

【ホンダ CT125 ハンターカブ】グローイングレッド [写真タップで拡大]

ホンダCT125 ハンターカブ

【ホンダCT125 ハンターカブ】マットフレスコブラウン [写真タップで拡大]

主要諸元■全長1960 全幅805 全高1085 軸距1255 最低地上高165 シート高800(各mm) 車重120kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC 124cc 8.8ps/7000rpm 1.1kg-m/4500rpm 変速4段 燃料タンク容量5.3L■タイヤサイズF=80/90-17 R=80/90-17 ●価格:44万円 ●色:グローイングレッド、マットフレスコブラウン ●発売日:2020年6月26日

最新の記事

固定ページ:

1

2