遊びたくなる軽二輪スクーター

’20ホンダADV150試乗インプレッション【日常、旅、悪路もOKの万能スクーター】

  • 2020/4/27
ホンダADV150

インドネシアで先行して販売され、悪路走行も可能なスクーターとして話題となったホンダADV150。’20年2月14日の国内発売時点ですでに年間販売計画を1000台も上回る約4000台を受注しており、その注目度が窺い知れる。同クラスのホンダPCX150と乗り比べ、その違いをじっくりと検証した。

●まとめ:大屋雄一 ●写真:真弓悟史
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

[○]脚長が全てに好印象。エンジンにも違いが

’19年7月からインドネシアで販売されているADV150が、いよいよ日本でも’20年2月にリリースされた。’19年12月号で試乗したインドネシア仕様(生産も同国)との違いは主に排ガス規制で、日本で販売されるのはユーロ4相当のタイ生産車となる。マフラーやECUのマッピング、標準タイヤのメーカーなどが異なるが、根本的な違いはない。

ホンダADV150

【’20 HONDA ADV150】 主要諸元 ■全長1960 全幅760 全高1150 軸距1325 シート高795(各mm) 車重134kg ■水冷4スト単気筒SOHC2バルブ 149cc 15ps[11kW]/8500rpm 1.4kg-m[14Nm]/6500rpm 変速機無段変速式(Vマチック) 燃料タンク容量8L ■ブレーキF=ディスク R=ディスク ■タイヤF=110/80-14 R=130/70-13 ●色:赤、茶、黒 ●価格:45万1000円 [写真タップで拡大]

ホンダADV150

【悪路走破性も高めたシティアドベンチャー】日本仕様はタイで生産され、寒冷地に対応すべく発電量とバッテリー容量をアップする。リヤショックはショーワ製で、タンク別体式はホンダのスクーターでは初だ。ブレーキはフロントのみABSを導入。 [写真タップで拡大]

今回はベースとなったPCX150と比較することができた。まずは動力性能から。149㏄の水冷シングルeSPは基幹部分こそ共通だが、吸排気系およびベルトコンバーターのセッティングを変更。これにより発進時や低速域からの加速感がPCXよりも力強く、特に上り坂で違いが顕著に感じられる。加えて不快にならないレベルでパルス感が強まっており、補機類の違いでここまで印象が変わるのかと驚いた。

続いてハンドリングだ。ベースとなった現行のPCXは’18年のモデルチェンジでフレームを一新し、タイヤもフロントは1サイズ、リヤは2サイズも太くなった。これによりモーターサイクルに近い手応えと旋回力を手に入れている。対してサスストロークを前後とも30mm伸ばしたADV150は、発生するピッチングが大きめで、その中心付近にライダーがいるなどの理由から、さらにモーターサイクルに近いハンドリングとなっている。特に違いが現れるのは荒れた路面の峠道で、PCXではリヤショックが底付きしてしまうような場面でも、ADVは乗り手を慌てさせることがない。これはサスストロークだけでなく、インチダウンしてまでエアボリュームを稼いだリヤタイヤによるところが大きい。

ブレーキは、PCXのリヤがドラムなのに対して、ADVはディスクを採用する。’19年12月号で試乗したインドネシア仕様はCBS(前後連動)タイプだったが、日本仕様は非連動でフロントのみABSを採用する。CBSも好印象だったが、Uターンや未舗装路などでリヤのみ利かせたいシーンでは、やはり非連動の方が扱いやすい。加えて絶対制動力ではリヤもディスクの方が高い。

ホンダADV150

筆者は身長175cm体重62kg。シート高は795mmと高めだが、座面形状の工夫により足着き性は極端に悪くはない。 [写真タップで拡大]

PCXを基にSUV化

ホンダADV150&PCX150

ADV150(左)とPCX150(右)

ホンダADV150

フレームは’18年に3代目へと進化したPCXのダブルクレードルを基に、シートレール端部のクロスメンバーを変更。同等の剛性をキープしながら約2kgもの軽量化を達成している。

ホンダADV150

駆動系はファイナルを変えずウエイトローラーのセッティングなどを変更。吸気系はエアクリーナーダクト①を21mm、コネクティングチューブ②を2mm長くしている。

ホンダADV150

【ホイールトラベル量を30mm伸長】PCX比でフロントは100→130mm、リヤは90→120mmへとホイールトラベル量を伸長。タイヤは専用設計で、インドネシア仕様のフェデラル製に対し、日本仕様はタイ工場のIRC製を標準装着。前後ホイールもADV専用だ。 [写真タップで拡大]

ホンダADV150

ハイアップマフラーは仕向地の排ガス規制に合わせて2種類あり、インドネシア生産車はユーロ3、タイ生産車はユーロ4に対応。 [写真タップで拡大]

ホンダADV150

【テーパーハンドルを採用。メーターはフル液晶】クランプ径をφ28.6mmとしたテーパーハンドルを採用。メーターはバーグラフ式の燃料計や日付なども表示する多機能タイプで、インジケーターを別体として視認性を高める。 [写真タップで拡大]

ホンダADV150

左右のノブを引きながら操作することで高さを2段階に調整できるスクリーン。風洞実験から生まれた形状により防風効果は高い。 [写真タップで拡大]

ホンダADV150

レッドカラー車はツートンのシート表皮を採用(他は黒1色)。グラブバーはPCXの金属→樹脂としてマスを集中。トランクスペースの容量はPCXの28Lに対し27L。 [写真タップで拡大]

ホンダADV150

PCXと同様に便利なスマートキーを採用。なお、本体はインドネシア仕様とは若干異なる。 [写真タップで拡大]

[△]意外と足着きも良く、不満は見当たらない

PCX150〈ABS〉との価格差は4万8400円。見た目だけでなく各部の作り込みも値段差以上のものが感じられ、特に不満は見当たらない。2段階可変スクリーンやスマートキー、エマージェンシーストップシグナルなど、装備も充実。

[こんな人におすすめ]軽二輪の起爆剤。遊びたくなるスクーターだ

前回、インドネシア仕様を試乗したときも優秀だと思ったが、今回はPCX150と比べたことで違いがより明瞭に。低い位置でピッと向きを変えるPCXも良いが、ADVのダイナミックな動きはまさにモーターサイクルのそれ。これは1台欲しい!

最新の記事

固定ページ:

1

2

ホンダ ADV150の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ ADV150

ホンダ ADV150

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 204 価格種別 中古車 3

本体

40.04万円

価格帯 33~45.1万円

本体価格

本体

36.79万円

価格帯 34.99~38.5万円

諸費用

6.15万円

価格帯 6.8~7.66万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

46.19万円

価格帯 39.8~52.76万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す