これでまだウォームアップ……だと……?

【映像】ニンジャZX-25R×ジョナサン・レイが疾走! 第2弾はヘレスのコーナリングだ!

  • 2020/5/22
ニンジャ ZX-25R × ジョナサン・レイ

カワサキインドネシアが矢継ぎ早に公開している映像の最新版! 今回の「Kawasaki Ninja ZX-25R x Jonathan Rea at Jerez Circuit」は、スーパーバイク世界選手権で5連覇中の絶対王者ジョナサン・レイ選手がNinja ZX-25Rを駆ってヘレスサー公開告されていた映像に続く第2弾となる。

ジョナサン・レイ選手がコーナリングを披露! 意外とトルクがありそう

4気筒250ccの走行サウンドをお届けする映像の第2弾がカワサキインドネシアのYoutubeチャンネルで公開された。ライダーはスーパーバイク世界選手権で5年連続チャンピオンの絶対王者、ジョナサン・レイ選手だ。

今回公開されたのは、ピットレーンからスタートしてコーナーへと差し掛かり、ブレーキングからコーナリング、立ち上がりの一連の走行シーンだ。無理に高回転キープをしていない様子と、意外と野太いサウンドからは、4気筒250ccというキーワードからイメージするよりもトルクがありそう? ということだ。また、きっちり6速まで使った直線シーンも収録されている。Youtubeの映像の解説には、[WARM-UP LAP]と書かれているのも気になるところだが……。

インドネシアでも予約受注開始が遅れているなど、新型コロナウイルスの影響はまぬがれていなが、いずれにしてもこの夏までには動きがあるはず。次の情報が先か、それとも映像シリーズの続編公開が先か……。楽しみに待つしかない!

ニンジャ ZX-25R × ジョナサン・レイ

33歳の絶対王者、ジョナサン・レイ選手の輝かしい戦績とともにNinja ZX-25Rへと乗り込む姿が。

ニンジャ ZX-25R × ジョナサン・レイ

電子制御スロットル、センターラムエア、アシストスリッパークラッチ、ラジアルマウントモノブロックキャリパー、φ37mmSFF-BP倒立フォーク、ホリゾンタルバックリンク、ラジアルタイヤ、LED灯火類、トラコン、クイックシフター、2段階パワーモードといった、今までよりも少し踏み込んだスペックが紹介される。

ニンジャ ZX-25R × ジョナサン・レイ

ブレーキングのシーンはZX-10Rと見まがうほどの風格。

ニンジャ ZX-25R × ジョナサン・レイ

こうしてまた我々は焦らされるのであった……。

最新の記事

ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。