インドネシア政府の定めたレギュレーションにより

ニンジャZX-25R、4月4日の発表展示が中止に……新型コロナウイルスの影響|カワサキ インドネシア

  • 2020/3/28
カワサキ ニンジャZX-25R

2020年4月4日にインドネシアで開催予定だったカワサキバイクウィークが延期となり、発表となるはずだったニンジャZX-25Rは代替案として[カワサキアブドゥルミューズショールーム]で展示される旨を以前の記事でお伝えした。しかし残念ながら、そのプランも白紙に戻ったようだ。

世界的な新型コロナウイルスの影響は避けられず

インドネシア政府の定めた公衆衛生上のルールにより、人々が一定の距離を保つ必要が出てきた。2020年4月4日に発表~予約受付開始とされていたニンジャZX-25Rだが、その展示プランは白紙に戻ったことが発表された。カワサキは、ファンに向けて理解と忍耐を求めている。

現在の世界的な新型コロナウイルスによる状況を鑑みれば、残念ではあるが仕方のない判断といえよう。

カワサキインドネシアが公開した映像では、「インスタグラムの @kawasaki_indonesia のフォローを忘れないでね!」とも述べられ、健康と安全なライディングに留意するようにとのメッセージが送られている。

カワサキ ニンジャZX-25R

KAWASAKI Ninja ZX-25R】主要諸元■水冷4ストローク並列4気筒 DOHC4バルブ 249cc 出力ほか未発表■ハイテンスチール製トレリスフレーム■フロントサスペンション=SFF-BP(Separate Function Fork – Big Piston)■リヤサスペンション=ホリゾンタルバックリンク■フロントブレーキ=シングルディスク、ラジアルマウントモノブロックキャリパー■電子制御=KTRC(カワサキトラクションコントロール)、KQS(カワサキクイックシフター)、パワーモード■車体色:ライムグリーン×エボニー  ●予想価格:94万円~99万円 ●予想発売時期:2020年7月頃 [写真タップで拡大]

初お披露目の際の映像をもう一度

最新の記事

ヨ

ヤングマシン編集部員

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ