初心者歓迎の「基礎が学べる」スクール

2020年「ナンカイライディングスクール」開催日程が決定…近畿で10開催、袖ヶ浦で1開催

  • 2020/2/20
ナンカイライディングスクール

今年で7年目を迎えるナンカイライディングスクールは、近畿圏をメインに開催しているほか、関東でも千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイでも特別開催/年1回を行ない、毎回のように定員に達する人気のスクール。このたび、2020年の開催日が決定した。

●情報提供:ナンカイライディングスクール運営事務局

2019年比で1開催増え、計11開催に

ナンカイライディングスクールは、ライディングの基礎を教えてくれることで定評のある中井直道さんがメインインストラクターを務めるスクールだ。8の字を基本に、各種スラローム、サーキットコース走行へと進んでいくが、全ては公道を安全に楽しく走るスキルを身につけるため。各会場とも定員いっぱいに埋まるほど盛況なのは、初めてでも参加しやすい雰囲気も理由のひとつだろう。

※スクール内容は関連記事に詳しい

2020年のナンカイライディングスクールは、近畿圏が10開催、千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイが1開催となる。神戸スポーツサーキット会場は昨年同様に7開催、名阪スポーツランド開催は+1回の3開催。参加申し込み受け付け開始は6週間前(1か月半前)が目安となり、第1回:4月4日の名阪スポーツランドは2月22日より受付開始となる。申し込みはライディングスクールホームページより。

2020年ナンカイライディングスクール開催日程

第 1回開催  4月 4日(土)  名阪スポーツランド
第 2回開催  5月 2日(土)  神戸スポーツサーキット
第 3回開催  5月30日(土)  神戸スポーツサーキット
第 4回開催  7月 4日(土)  神戸スポーツサーキット
第 5回開催  8月 1日(土)  名阪スポーツランド
第 6回開催  8月29日(土)  神戸スポーツサーキット
第 7回開催  9月26日(土)  神戸スポーツサーキット
第 8回開催  10月31日(土)  神戸スポーツサーキット
第 9回開催  11月14日(土)  名阪スポーツランド
第10回開催 12月 5日(土)   神戸スポーツサーキット
★特別開催  11月23日(祝月) 袖ヶ浦フォレストレースウェイ

主催/運営  ナンカイライディングスクール運営事務局(代表:中井直道)
冠協賛    南海部品株式会社
ホームページ 南海部品公式ホームページ内 ライディングスクールページ
       http://www.nankaibuhin.co.jp/school/index.html

ナンカイライディングスクール開催日

開催日とお申込み期間。詳細はナンカイライディングスクールホームページにて。

スクール当日の流れ(参考)

受付時間 9:00~9:20 (雨天決行・荒天中止) 
開催時間 9:30~16:30 (終了時間は目安です) 
参加定員 40名/1開催 ※特別開催(袖ヶ浦)は45名 / 1開催
参加費用 ¥9,900/1回分(保険料込み)
     ※特別開催(袖ヶ浦)は¥15,000/1回分(保険料込み)
参加条件 スクールの主旨を理解し、使用施設の規則を守れる方。
     参加車両の運転に必要な免許を保持している方。
     未成年の方は、親権者の同意が必要です。
     125cc以上のバイクなら車種を問いません。(スクーター可)
     ヘルメット、グローブ、ブーツまたはハイカットシューズ、
     長袖、長ズボンの装備でご参加ください。
     ※特別開催(袖ヶ浦)のみ「125cc以上のスポーツバイク(スクーター不可)」
     「フルフェイスヘルメット着用」に限ります。

申込締切 各開催日の1週間前まで、又は、各開催毎、定員になり次第締切らせていただきます。

■注意事項

・事前に参加車両の整備を十分に行なってください。車両のレンタルは行なっておりません。
・ヘルメットはフルフェイスタイプ、ジェットタイプ、オフロードタイプのものとします。
 ※特別開催(袖ヶ浦)の装備類に関しては、ヘルメット以外通常開催と同様となります。
・署名・捺印済みの「参加誓約書」を開催当日、必ず受付にご提出ください。
 ※未成年の方がご参加の場合、親権者の署名・捺印が必要となります。
・昼食は各自でご用意ください。
・悪天候の場合、安全のため主催者判断により中止する事があります。
・その場合、保険料を差し引いた金額をお返しいたします。
・主催者判断により参加者の定員数を調整する場合があります。

ナンカイライディングスクール

スクールの様子。

最新の記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)