遠藤自動車サービスの腕が光る

ハーレーオーナーのこだわりを反映したフルオーダーカスタム・’84ショベルヘッド

  • 2020/2/11
'84ハーレーダビッドソン ショベルヘッド by 遠藤自動車サービス

ハーレーダビッドソンのオールドスクールカスタム専門店とも言える遠藤自動車サービス(群馬県太田市)。販売形態は基本的に3種類で、すでに完成した車両から選ぶ「ストック」、そして「セミオーダー「と「フルオーダー」という選択がある。今回紹介するのはフルオーダー。ユーザーの思いと遠藤自動車の技が光る1台に仕上がっている。

●取材協力:遠藤自動車サービス

フルオーダーのカスタムで仕上げられた逸品

セミオーダーとは、すでに用意のある標準的なカスタムをベースに仕上げていくものだが、今回紹介するのは「フルオーダー」された1台だ。オーナーからの要望は自分の誕生年と同じ年式のエンジンを使用し、フレームから外装まですべて細かくオーダーを受け入れる。そして、約1年という製作期間を経て納車されるというものである。

使用されたエンジンは、1984年のショベルヘッド。ショベル最後期のモーターで、排気量は1340ccである。もちろんすべて分解し、オーバーホールと同時に外観も磨き込むという徹底ぶり。エンジン以外のパーツはすべて新品で組み上げられているので、そのクオリティは新車同様と言ってもよい。

'84ハーレーダビッドソン ショベルヘッド by 遠藤自動車サービス

’84 Harley-Davidson Shovel Rigid Springer

オールドスクールカスタムとしてのこだわりは、74スプリンンガーフォークに代表されるが、遠藤自動車が製作するカスタムでの装着率は高く、そのセッティングは常に高バランスで仕上げられている。スプリンガーフォークは、組み立て方ひとつでその機能性を失ってしまう繊細なパーツでもあるのだ。フロントブレーキにはディスクを選ばず、コンパクトなドラムブレーキを装備する点も、オーナーのこだわりであろう。オールドテイストを強調すると同時に、フォークへの負担も軽減できる上手いチョイスと言える。

シンプルで乗りやすそうな印象のカスタムは、見事な仕上がりである。

'84ハーレーダビッドソン ショベルヘッド by 遠藤自動車サービス

エンジンは1984年のショベルモーターをオーバーホールして搭載

'84ハーレーダビッドソン ショベルヘッド by 遠藤自動車サービス

キャブレターはついに生産終了となったSUを使用

'84ハーレーダビッドソン ショベルヘッド by 遠藤自動車サービス

オープンプライマリーはBDL製を使用

'84ハーレーダビッドソン ショベルヘッド by 遠藤自動車サービス

フロントフォークは74スプリンガーを採用する。シッシーバーはワンオフ製作されたもの

'84ハーレーダビッドソン ショベルヘッド by 遠藤自動車サービス

フロントブレーキはコンパクトなドラム式

'84ハーレーダビッドソン ショベルヘッド by 遠藤自動車サービス

リヤブレーキはブレンボの対向ピストンキャリパーを装備する

'84ハーレーダビッドソン ショベルヘッド by 遠藤自動車サービス

ガソリンタンクは遠藤オリジナルのコヨーテタンク。容量は6Lほど

'84ハーレーダビッドソン ショベルヘッド by 遠藤自動車サービス

オイルタンクも遠藤オリジナル。残量がひと目でチェックできることが特徴だ。キャップの素材は真鍮。

'84ハーレーダビッドソン ショベルヘッド by 遠藤自動車サービス

ライトステーはワンオフ製作された

'84ハーレーダビッドソン ショベルヘッド by 遠藤自動車サービス

ハンドルバーはイージーライダース製ラビットハンドル

'84ハーレーダビッドソン ショベルヘッド by 遠藤自動車サービス

コントロールレバーはカスタムテック製

'84ハーレーダビッドソン ショベルヘッド by 遠藤自動車サービス

ウインカーはフレームマウントされている

'84ハーレーダビッドソン ショベルヘッド by 遠藤自動車サービス

シートはサドルタイプ。スプリングでマウントされている

最新の記事

ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。