CBR1000RR-R、YZF-R1M

’20新車バイク総覧〈大型スーパースポーツ|国産車#1/2〉ホンダ ヤマハ

  • 2020/2/1
’20新車バイク総覧〈大型スーパースポーツ|国産車#1/2〉ホンダ ヤマハ

’19年秋の東京モーターショーやEICMAが大いに盛り上がったことからもわかる通り、今年’20年は新車の当たり年。中でもスーパースポーツ1000㏄クラスは、究極の「走る・曲がる・止まる」を追求するとともに、レースを視野に入れた公認取得マシンとしての性格も併せ持つため、国産各メーカーの威信を賭けた戦いが繰り広げられるカテゴリーだ。

●文:沼尾宏明、宮田健一 ●写真:真弓悟史(CBR1000RR-R FIREBLADE SP)

SS1000クラス ’20展望:ホンダ渾身の意欲作でスーパースポーツの勢力図が塗り替わるか!?

各社の威信を賭けた最先端メカを満載し、さながら技術の博覧会の様相を呈する大型スーパースポーツ(SS)。スーパーバイク世界選手権(SBK)や8耐など耐久レースのベース車としても活躍する。大台の200psが一般的となったが、近頃ではさらなるパワー競争がトレンドとなっている。’19年にはカワサキNinja ZX-10RRが204ps、ドゥカティ パニガーレV4Rが221psをマーク。しかも、一段と厳しくなった排ガス規制=ユーロ5相当をクリア済みというのだから驚異的だ。 

そして’20年は、ホンダCBR1000RRが’08年以来となる2度目のフルチェンジで217.6psに到達した。車名をCBR1000RR-Rとし、国産勢初となるダクトウイングまで獲得。従来の優等生的な設計から、レースでの”勝ち”を狙った本気のパッケージに熱い視線が注がれている。

これに対するライバルは、全日本JSBや鈴鹿8耐の常勝マシン・ヤマハYZF-R1が’20年型でエンジン内部パーツや足まわり、電子制御など全身を熟成し、ホンダを迎え撃つ。SBK5連覇中のZX-10Rと’19世界耐久を制したスズキGSX-R1000はともに静観の構えだ。

  • CBR1000RR-Rが国産勢でもっとも進化したパッケージを獲得
  • YZF-R1がリファイン
  • スズキ、カワサキは静観

HONDA:勝利のための総力を結集〈CBR1000RR-R FIREBLADE SP〉

’92年の初代CBR900RR以来、進化を重ねてきたホンダの旗艦スーパースポーツが、12年ぶりに完全刷新する。従来から”トータルコントロール”をコンセプトに掲げてきたが、その主要ステージを公道からサーキットへ移行。その決意は「R」をひとつ増やした車名にも現れている。すべてが白紙から設計され、心臓部の直列4気筒は192psから217.6psへと劇的にパワーアップ。ボア×ストロークやピストン、チタン鍛造コンロッドなど、各部にMotoGPマシンRC213Vや公道版RC213V-S譲りのノウハウが息づいている。車体は’04年から継続採用してきたユニットプロリンク式リヤサスと決別し、軽量なメインフレームを投入。さらにセンターラムエアを獲得するとともに、クラス最小の空気抵抗値0.270を実現した。車体安定性に貢献するダクトウイングまで獲得し、まさにホンダの本気が詰まった最先端SSとなる。

ホンダCBR1000RR-R

【HONDA CBR1000RR-R】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 217.6ps/14500rpm 11.9kg-m/12500rpm ■201kg(装備) シート高830mm 16.1L ■タイヤF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ※緒元は欧州仕様 ●YM予想価格:278万3000円 ●発売予想時期:3月20日

ホンダCBR1000RR-R

【ディメンションも完全見直し】軸間距離は従来より50mm増の1455mm。キャスター/トレールは23度/96mm→24度/102mmとし、安定性の向上を図った。タンク部は先代より45mm低く、伏せやすい設計に。後輪への空気抵抗やウエット時の水滴を減らすアンダーカウルにも注目。

ホンダCBR1000RR-R

【注目のダクトウイング】ボックス型ウイングを国産車で初採用。’17〜’18 RC213Vに用いた技術で、4速までのフル加速を0.6秒短縮する。4眼LEDでイメージも刷新した。

ホンダCBR1000RR-R

【メーター表示は超多彩】5インチフルカラー液晶には、様々な画面表示を用意し、バンク角などを示すモードも選べる。IMU(慣性センサー)は5軸から6軸に進化。パワー5段階、トラクションコントロール9段階+オフなどきめ細かく設定できる。

ホンダCBR1000RR-R

【高効率ラムエア+精緻ステアリングダンパー】ラムエアは、サイド吸気から高効率なセンター吸気に変更。電子制御ステアリングダンパーもショーワ製の新作で、IMUの情報も制御に活かす。

ホンダCBR1000RR-R

【ボア×ストロークはRCVと全く同一】完全新設計でボア81×ストローク48.5mmを選択。ボア値は同クラスの直列4気筒で最大となる。最高出力は207psのBMW S1000RRを凌駕。

【CBR1000RR-R FIREBLADE〈STD〉】第2世代のオーリンズ製電子制御サスを装備するSPに対し、STDは機械式のショーワ製前後サスを備える。双方向対応のクイックシフターもSPのみ標準採用だ。SP/STDともにトリコロールと単色ブラックをラインナップする。 ●YM予想価格:245万3000円 ●予想発売時期:3月20日

YAMAHA:人機官能の革命児〈YZF-R1M〉

’98年の初代から22周年を迎えるヤマハ渾身のスーパースポーツ。’15年の8代目で、国産勢に先駆けて全面刷新し、MotoGPマシンの血統を色濃く継いだサーキット指向のマシンに生まれ変わった。最大の特徴は、クラス唯一の不等間隔爆発を採用したクロスプレーン直列4気筒。”スイート”と評される圧巻のトラクション性能が武器だ。’20年型では動弁系パーツのリファインや吸気レイアウトの更新など細部にわたる変更を実施。排ガス規制ユーロ5に先行対応しつつ200㎰を堅持し、高回転域のトルクアップも果たした。さらに電脳も強化。アクセルグリップ自体にセンサーを備えるAPSGライドバイワイヤを採用したほか、2モードのコーナリングABS、3モードのエンジンブレーキ制御とタイムに影響するブレーキ特性を引き上げた。ボディは空力特性を向上し、上級版Mの足まわりを向上するなど、一切手抜かりはない。

ヤマハYZF-R1M

【YAMAHA YZF-R1M】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 200ps/13500rpm 11.6kg-m/11500rpm ■202kg(装備) シート高860mm 17L ■タイヤF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ※緒元は欧州仕様 ●YM予想価格:310万円 予想発売時期:’20年8月頃

ヤマハYZF-R1M

【空力性能5%アップ】従来型をベースに走行性能をアップした’20モデル。外装はMotoGPマシンYZR-M1で培った技術を反映し、エアロダイナミクス効率を5%以上も向上した。カーボン外装を採用する上級版Mは、テールカウルも樹脂→カーボンに変更。電子制御サスペンションを備え、スマホとの連動機能もあり。燃料タンクカバー前端には個別のシリアルナンバープレートが設置される。車体カラーは1色。

ヤマハYZF-R1M

【より精悍に】表情を決定づけるポジション灯を下げ、ナックルガード面積を拡大。アッパーカウルはエッジのある造形とし、より鋭い印象となった。

ヤマハYZF-R1M

4.2インチのカラーTFT液晶を継続採用。設定画面ではブレーキ関連の項目を2つ追加し、同一ページにあった電制サスの項目を別ページに移動した。自社開発で実現した量産バイク初の6軸IMUほか、豊富な電脳も健在。

ヤマハYZF-R1M

φ45mmスロットルボディを燃焼室に近づけ、新形状のフィンガーフォロワーアームなどを採用。これにより最大トルクが0.1kg-m増加した。

ヤマハYZF-R1M

R1Mが採用するオーリンズ フロントフォークは最新型に。キャリパーブラケット中央にガス室を内蔵し、伸びる際にサスペンションオイルの泡立ちを抑制する。

【YAMAHA YZF-R1】STDは樹脂製カウルとKYB製の機械式前後サスを備え、Mよりも1kg軽量だ。車体カラーは2色設定。●YM予想価格:230万円~ ●予想発売時期:’20年8月頃

関連するアーカイブ

最新の記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。