第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

HD三鷹店長の八木さんに聞く

ハーレーをディーラーで購入するメリットとは? #ウィズ・ハーレー

  • 2019/10/25

000

世の中はインターネットの時代である。今や生活必需品から趣味のグッズまで、何でもボタン一つで自宅に届く時代となった。しかし、すべてがその方法で購入できるわけではないし、購入さえすればOKというものでもない。初めてハーレーダビッドソンを購入するのに、最も安心できるショップとは、どのような条件が必要なのだろうか。

文・写真= Mitsuaki Morishita

試乗車が揃い、グッズやウェアも充実、くつろげる環境も

東京の西部。世田谷区から甲州街道と共に西へと伸びる東八道路沿いにあるのが、ハーレーダビッドソン三鷹だ。大坪政俊氏が主宰するモトギャルソンが母体のハーレー正規ディーラーは以前、調布と東村山の2店舗に分かれていたものをこの三鷹店に集約。まったくの新店舗として、平成27年2月にスタートした。

大坪社長は生粋のバイクフリークでもあり、自身もロングツーリングが大好きなハーレー乗りでもあることから、ショップのコンセプトは「遊べるバイク屋」というもの。つまり、とことんハーレーを楽しんでももらうためのアイデアが、ぎっしり詰まったお店なのである。

 

HD三鷹の店内

都会的で明るいショールームは、とても居心地の良いオアシスのようである。女性のスタッフも常駐しているので、女性ライダーでも気軽に来店できるメリットも大きい。用事がなくても訪れたくなるのがこのお店の特徴だ。サービスピットの奥にはチューニングルームもあり、最新のダイノマシンによって、細かいセッティングが行われている。

今回は、実際にお邪魔して、店長を務める八木禅さんから、ディーラーでハーレーを買うメリットについて、お答えいただいた。ハーレーのスタートは、やはり信頼のおけるディーラーから。その内容を紐解くとしよう。

HD三鷹店長

元々はメカニックとしての実績も長いのが八木店長。メカに精通しているので、カスタムの相談も得意分野である。

「まず、とにかく乗ってみないと解らないから、試乗車は数多く用意していますね。これから免許をとるという人にもサポートします。ハーレーに乗るって、やっぱり夢を現実にすることですから、後悔しないように順序立てることも重要だと思いますね」

ショールームには最新ハーレーが、整然と展示されていて、グッズやウェアのコーナーも充実している。現代のハーレーディーラーは、どこも清潔感が抜群で、くつろぎスペースとしても最高の環境だ。そこに集う、ハーレーユーザーは、ツーリングの仲間でもある。

ツーリング

三鷹店のチャプター活動は年間16回。それにモトギャルソン主宰のツーリングも加えると、18回にもなる。土日だけではなく、平日しか休めないライダーのために考えられたウィークデーツーリングや、女子だけ限定のレディースツーリングも企画されて、毎回大勢の参加者で賑わっているのだ。

「新車のハーレーを購入すると、自動的に1年間は、オーナーズグループであるHOGの会員になります。2年目の更新は有料ですが、会員は三鷹チャプターのメンバーとなって、毎月のツーリングに参加できるようになります。それに、レッカーサービスが付帯されているのも大きなメリットですね。スタンダードは無料ですが、よりサポートが手厚くなる有料のプレミアムをお勧めしていますね」

ツーリングの模様

とにかく三鷹チャプターのメンバーは走ることが大好きだ。様々な企画のツーリングが用意されているので、初心者でも気軽に参加が可能。どんどん友達の輪が広がって、ハーレーライフは充実したものになってくる。その先は各自自分のスタンスで楽しめば良い。北海道やアメリカツーリングも、毎年のように企画されている。

HD三鷹サービス体制

もうひとつのメリットは、サービス体制が充実していることだろう。メカニックはベテラン揃いで、メンバーの移動は極めて少ない。通常のメンテナンスからカスタム、エンジンのチューニングまで、幅広いサービスニーズに対応しているのだ。特にチューニング部門は、最高のハーレーを提供する上で、とても重要だと八木店長は語る。

ハーレーダビッドソン三鷹
http://www.harleydavidson-mitaka.com

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ウィズ ハーレー編集部

ウィズ ハーレー編集部

記事一覧を見る

編集者とユーザーが“一緒に”ハーレーという乗り物を楽しむために誕生した、ハーレーダビッドソン専門誌が「WITH HARLEY(ウィズ・ハーレー)」だ。誌名を公募および投票で決定するという新しい試みに挑んだ結果、ウィズ・ハーレーに決定した。