ベスト・オブ・ショー・モーターサイクル

ホットロッドカスタムショー2019の頂点に輝いたカスタムハーレー「シュアショットK2」

  • 2020/1/24
シュアショットK2

1992年にアメリカン・カスタム・カルチャーを伝道する「カーショー」としてスタートし、モーターサイクル・エントリーが開始された2002年より現在まで国内のカスタムシーンを牽引してきたと言っても過言でないイベント・横浜ホットロッドカスタムショー(以下HCS)。カーショーで300 台、そしてモーターサイクルに至っては650 台のエントリーを数えた日本最大のカスタムの祭典、その2019年の頂点に立ったカスタムハーレー「シュアショットK2」を紹介する。

●文・写真=渡辺まこと ●取材協力:SURESHOT

HCS2019の頂に立つシュアショットの集大成

カーショーのエントリーで300台、そしてモーターサイクルでは650台もの数を誇る“YOKOHAMA HOTROD CUSTOM SHOW”……今や我が国のみならず、世界各国から珠玉のマシンが出展され、注目を集める同イベントだが、その頂点=ベスト・オブ・ショー・モーターサイクルに立つには、ある一定の絶対条件と呼ぶべきものが存在している。

無論、その中には優れた溶接や板金技術、ペイントワークなど細かい項目が数多くあるのだが、何より“全体のスタイル=シルエット”と“オリジナリティ”こそが評価を決める重要な鍵だろう。

ちなみに今回のHCSでは、10数名の審査員が細かく項目分けされたジャッジペーパーで審査を行い、その得点によってアワードが決められたのだが、千葉県八街市に拠点を置くシュアショットによる1台が頂点に輝いたことは、より公正さを求めた結果の必然だったかもしれない。

シュアショットK2

千葉県八街市に拠点を置くシュアショットによる1台が頂点に輝いた。

シュアショットK2
YOKOHAMA HOTROD CUSTOM SHOW2019の頂点、シュアショットのK-2

ビルダーの相川拓也氏によると「シュアショットらしさ」を求めたというこのマシンだが、確かに同店が得意とする“クラシカルな味わい”と“スポーティーな要素”がバランスされ、一台の中で見事なまとまりを見せている。あえて旧車的に“鋳肌”っぽく仕上げられたネックやエキゾーストが通過する形のリア周りのフレームワークと、インボードディスク・ブレーキやビレットヘッドのエンジンなどのハイテックな要素が“違和感なく”一体化された車体のムードは秀逸だ。

シュアショットK2

2008年のHCS 初出展以来、過去にベスト・アメリカンをはじめとするアワードを受賞してきたシュアショットの相川拓也氏は、今年とうとう念願の頂点を獲得。H-Dの旧車から最新のインジェクションモデルまで、守備範囲の広さに定評のある業界のホープ、である。

ちなみに車名の“K2”はパキスタン、カラコルム山系にある世界最難関の山の名とのことだが、まさにこの一台が目指したのが難攻不落なHCSベスト・モーターサイクルの頂点……狙うべくして狙った今回の結果は、天晴れというより他にない。

シュアショットK2
シュアショットK2
シュアショットK2
シュアショットK2
シュアショットK2
シュアショットK2
シュアショットK2
シュアショットK2
シュアショットK2
シュアショットK2

最新の記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ウィズ ハーレー編集部

ウィズ ハーレー編集部

記事一覧を見る

編集者とユーザーが“一緒に”ハーレーという乗り物を楽しむために誕生した、ハーレーダビッドソン専門誌が「WITH HARLEY(ウィズ・ハーレー)」だ。誌名を公募および投票で決定するという新しい試みに挑んだ結果、ウィズ・ハーレーに決定した。