第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

Z900RS/CAFE用アクスルシャフト

クード「クロモリアクスルシャフト」で走りが変わる!!

  • 2019/9/20
Custom machine Plus KOOD

アクスルシャフトの主な仕事と言ったら、多くの人が思い浮かべるのはホイールの支持だろう。とはいえ、この部品の素材と製法を見直すことで、コーナリングの安定感や乗り心地など、ライディングフィールはガラリと変化するのだ。

金属の素性に精通したコウワならではの製品

近年のカスタム市場で流行している、クロモリ製アクスルシャフト。多種多様な金属製品を手がけるコウワが、クードというブランドを立ち上げてこの分野に参入したのは、今から約5年前で、そのきっかけは、同社の代表を務める浮田和宏さんに、バイク仲間が相談を持ちかけたことだったと言う。

「ウチの業務内容を知っている友人が、クロモリでアクスルシャフトができないかと言うので、モノは試しという気持ちで作ってみたところ、純正とは完全な別物だと言うんです。そんなに違うの? と思って僕も試乗してみたら……、本当に別物でした(笑)。それで商品化を前提にして、いろいろな車両の純正アクスルシャフトの素性を解析したうえで、材質と焼き入れ、メッキの選定を始めたんです。ひと口にクロモリと言っても、製法によって特性は大きく変わってきますからね」

クードのアクスルシャフトで興味深いのは、3層メッキで表面がピカピカに仕上げられていることと、あえて最上級の硬さを追求していないこと。「3層メッキの主な目的は錆び防止ですが、カスタムパーツとしての美観を追求した結果でもあります。硬さに関しては、単純に硬ければいいというわけではないんですよ。ウチの社員と僕の友人知人を総動員して、ありとあらゆる環境でテストしてみたら、適度なしなやかさがあったほうが、良好な感触が得られることがわかったんです」

Custom machine Plus KOOD

クードの生みの親

クードの生みの親である浮田和宏さんは、’68 年生まれの51歳。’06年以降はCBR600RRで鈴鹿4耐に参戦しているものの、昔からツーリング好きで、これまでの愛車はカワサキが多かったと言う。元保護犬の愛犬の名前は八兵衛。

KOOD クロモリアクスルシャフト

Custom machine Plus KOOD

赤枠で囲った部分が、オートバイの車体の主要3軸。一般的なライダーの場合、交換後の変化が最もわかりやすいのはフロントアクスルだが、他2ヶ所の効能を重視する人もいると言う。なお今回の取材には間に合わなかったものの、コウワではZ900RS/カフェ用として、近日中にクロモリ製スイングアームピボットシャフトの発売を開始する予定だ。

Custom machine Plus KOOD

KOOD Z900RS/CAFE用クロモリアクスルシャフト●税込価格:3万2400円(フロント)/4万3200円(リア)

Custom machine Plus KOOD

基本的にはSTDの寸法に準じているクードのクロモリ製前後アクスルシャフトだが、表面はSTDより格段に滑らか。ネジ部はビシッとエッジが立っている印象だ。なお表面の加工は、調整車と砥石車の間をシャフトが回転するセンターレス研磨で行われる。

Custom machine Plus KOOD

シャフトの頭がフロントフォークのアウターとツライチになるSTDに対して、クードは六角ヘッドが存在感を主張するデザイン。脱着はいずれも汎用工具で行える。

Custom machine Plus KOOD

浮田さんがさまざまな手法を検討したうえで、耐久性を高めるために選択した3層メッキ(下地は銅。密着性を高める2層目を経て、最終仕上げは無電解ニッケル)は、防衛省に装備部品を納入するメーカーに依頼。リヤはSTDに存在する割りピン用の穴も再現。

Custom machine Plus KOOD

リア用の頭はSTDもクードも同じ……に見えるけれど、ツバを厚めとしたうえで(STDはテーパー)、表面に3 層メッキを施したクードの方が、明らかに高級な雰囲気。

運動性だけではなく快適性も劇的に向上!

クロモリ製アクスルシャフトが真価を発揮するのは、ある程度以上のペースで峠道やサーキットを走ったとき。世の中にはそう感じている人がいるようだし、実際、市場で販売されているクロモリ製アクスルシャフトの中には、そういう特性の製品もあるだろう。

でもクードは違った。STD→フロントのみ交換→リヤも交換という順序で行った今回の試乗で、僕が最も感心したのは、普通に走っている状況での乗り心地が、段階を経るにつれて向上したことだったのだ。もっとも、フロントのみを交換した際は、ブレーキング時の安定性に驚いたし、リヤを交換した際は、旋回中の車体の落ち着きと、バンクした状態からアクセルを開けた際の挙動のわかりやすさに、目を見張ることとなった。とはいえ、そうやってスポーツライディングをした際のフィーリングと同等以上に、僕としては流すようなペースで走ったときに感じた、上質さが印象的だったのである。

どうしてこんな感触が得られるのかと言うと、前後サスペンションの形が崩れないからだと思う。具体的には、アッパー&アンダーブラケット/フロントアクスル/2本のフォークが作る“日の字”と、スイングアームとリアアクスルで作る“ロの字”が、どんな方向からの負荷がかかろうとも、クード装着車は維持されているのだ。いや、浮田さんの説明から推察するなら、多少は変形しているはずだが、その変形の度合いが、クードはSTDより格段に小さいのではないだろうか。

そんなわけで僕としては、スポーツ指向のライダーだけではなく、ツーリング好きにも、同社の製品をオススメしたい。クードならではの上質なフィーリングは、ロングランでの疲労の少なさ、快適性の向上という面でも、大いに役に立つに違いないのだから。

Custom machine Plus KOOD

TESTER 中村友彦

1900年代初頭の旧車から最新SSまで、世界中のありとあらゆるバイクに興味を示す、雑誌業界23年目のフリーランス。カメラマンの箱崎さんから、“シルエットがカッコいい!”と誉められたパンツは、ヒョウドウのST-X Lite。

Custom machine Plus KOOD

【車両協力】大阪のカワサキ専門店

試乗車は八尾カワサキ東大阪店から借用。逆輸入車を含めて、現行カワサキ車のほとんどを揃える同店では、多種多様なレンタルバイクも準備している。 ■八尾カワサキ東大阪店 TEL:06・6618・7270 http://yaokawasaki.com/

●文:中村友彦 ●写真:箱崎大輔
※取材協力:コウワ

※ヤングマシン2019年9月号掲載記事をベースに再構成

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。