第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ライドメンテナンス|RIDE HI

【Q&A】エンジンオイルはなぜ減る?


●記事提供: ライドハイ編集部

オイルのレベルチェックを忘れずに

いま市販されているスポーツバイクには、ほぼ必ずエンジンオイルのレベル確認用に透明なチェック窓があり、不足していないかすぐわかるようになっている。

とはいえ、まだ買ったばかりだしとか、大事な愛車のため3,000km毎や3ヶ月毎と頻繁に交換しているし、といった理由で気にもしていないライダーが多い。

ましてやドゥカティが最新ムルティストラーダの「V4グランツーリスモ」エンジンで、オイル交換は15,000km毎または2年毎で良いと発表するなど、性能だけでなくメンテナンスの間隔を長期に設定できるデリケートな気遣いが必要ない時代、オイル量のチェックなど気にしないで良いはずと思いがち。

しかし、たとえ新車でまっさらなエンジンであろうと、オイルが僅かずつ減っていることはお忘れなく。

むしろ馴らし運転期間のほうが、回転を抑えているのにオイル消費量が多かったりもするのだ。

エンジンオイルは密閉されたエンジン内部にあるはず、それがなぜ減っていくのか、まずはそこから説明しよう。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース