ライドナレッジ|RIDE HI

【Q&A】リプレイスマフラーで何が変わる?

●記事提供: ライドハイ編集部

逞しさアップのトルクと驚嘆の軽量化

バイクでカスタムパーツの王道はいうまでもなくアフターパーツのリプレイスマフラー。ただチタンやカーボンなど高級素材の製品は25万円以上するなど、かかるコストもハンパではない。

とはいえ、燃料タンクと並んでバイクのコンポーネンツの中で大きな面積を占めるパーツだけに、異なるカタチや材質のモノを装着すると見た目のクールさがアピールする魅力はたまらないものがある。

ほとんどがハンドメイドで、外観がチタンなど超軽量で高価な素材そのままの美しさ。純正マフラーのステンレス製とは比較にならない存在感を放つ。

しかしマフラーはエンジン性能を左右する重要な機能パーツ。単なる見た目だけで語るワケにはいかない。マフラービルダー各々が独自の考え方で開発した製品なので、詳しい性能差まではご紹介できないが、どのようなメリットがもたらされるのか、はじめてリプレイスマフラーを検討されている方に、主だった純正マフラーとの違いを挙げておこう。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース