第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

蒸気で走る魔改造3輪バイクを自作した男性のドヤ顔がステキすぎる「これは笑うww」「すごいエンジニアリング」

ブラジルのYouTuberが、蒸気の力で走る“自作3輪スチームバイク”でごきげんすぎる走りを披露。「これは笑うww」「すごいエンジニアリング!」と話題になっています。


ねとらぼ交通課

この蒸気機関で走る夢あふれるカタチの3輪バイクは、ブラジルに住む男性が製作。パイプを組み合わせた簡素な車体に、デカいドラム缶をズンと積んで、蒸気の力で“ガシュガシュシュポシュポ♪”と白い煙を吐きながら、ニッコニコで快走します。何だこの、映画やアニメに登場しそうな手作り感満載のイカす乗りものは…!

蒸気機関とは、水が沸騰して発生する蒸気の圧力を利用して動くエンジンです。特に有名なのは、昭和時代に活躍して今も観光列車として人気がある、皆さんご存じの蒸気機関車(SL)ですね。これと同じ仕組みで、座席すぐ後ろに積んだドラム缶で火をゴウゴウと焚き、タンクの水を沸騰させ、その圧力でピストンを動かして車輪を回します。

水が沸騰するまでお肉を焼き焼き、バーベキューして待ちましょう。お腹がいっぱいになったあたりでイイ感じに準備完了となったようです。それではレッツゴー!

タンクに水を入れて準備。
ドラム缶で火起こし。座席直後だけど熱くないのかな…?
走る準備ができるまで、肉焼いて食いながら待つよw

おぉぉぉぉ~! 小気味いいリズムで想像以上にサクサクと走るー。もちろん通行人の視線を独り占め。「どう、どう? スゲーだろー」って決めたこのドヤ顔こそが、彼の満足度と達成感を表しています。楽しそうで何よりです。

おぉぉー、シュポシュポ小気味いいリズムを立てながら、想像以上にサクサクと走るー!
ドヤッ!(満面のドヤ顔)

動画には「天才だ」「ガソリン代を払いたくない人のためのソリューション」などのコメントも多数。これ、ちょっと乗ってみたいですね…!(カナブンさん)

動画はこちら↓

※画像はYouTubeチャンネル『PROFESSOR PARDAL BRASIL』より。
※本記事は「ねとらぼ交通課」から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責はすべて寄稿元に属します。掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース