第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

レトロな感じがたまらん! ビンテージバイクみたいな電動アシスト自転車“Buffalos”、Makuake先行販売中!

電動アシスト自転車“Buffalos”

eバイクの開発などを手がけるグッドシェイプが、ビンテージバイク風の電動アシスト自転車「Buffalos」をクラウドファンディングサイト『Makuake』で先行販売しています。販売期間は2022年10月30日から11月29日まで。


ねとらぼ交通課


「Buffalos」は、“電動自転車の種類や利用者が増加しているわりに、デザインや価格面で優れた電動バイクがない”という考えから開発された自信作。博物館に展示されているような超レトロなバイク風のデザインが特徴です。

電動アシスト自転車“Buffalos”

このレトロなデザインが堪らない…! [写真タップで拡大]

モーターには着脱式のポータブル48V/10.4Aリチウムイオンバッテリーを搭載。充電時間は4時間弱で、走行距離は100kmを超えるそうです。

前後車軸の重量比は1:1配分となっており、シートポジションは身体にフィットする座り心地の良いデザインを目指したとのこと。

電動アシスト自転車“Buffalos”

先行販売ではバックもセットに。 [写真タップで拡大]

Buffalosの価格は、バック付きの通常セット1台で29万7000円。現在Makuakeでは、通常セット価格より25%割引の22万2750円で購入できます。

また、Makuakeのプランでは、施錠のできる防水性キャリングバッグや、オイルド帆布バックがセットで同梱されています。

※画像はクラウドファンディングサイト『Makuake』より。
※本記事は「ねとらぼ交通課」から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責はすべて寄稿元に属します。掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。



関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース