ねとらぼ交通課の気になるYouTubeネタピックアップ

昭和ホイホイだ! レーサー脇坂寿一が伝説のハイソカー「ソアラ」を愛でまくり「やっぱりいい…」昭和世代のクルマ好き大共感

レーシングドライバー/スーパーGT監督の脇阪寿一さんが、自身のYouTubeチャンネル『脇阪寿一 Juichi Wakisaka Channel 11』にて、トヨタの名車「ソアラ」を愛でまくった様子を披露しました。何だ、この昭和ホイホイは…!

ねとらぼ交通課

脇坂さんが大興奮して試乗したのは、かつてトヨタが販売していた高級2ドアクーペ「ソアラ(2代目/1986-1991年)」。ハイパワーな直6ツインターボエンジンを搭載し、駆動方式はFR、デジタルメーターや電子制御サスペンションといった高級車品格の上質装備、それなのに大衆的な実用性など知るかと“カッコよさ”に全振りした“2ドアクーペ”のクルマです。

高級車のスポーツカー“スタイル”、いや、スポーツカーの顔をした高級車というか。2ドアなので後席はおまけ扱いで、同じくらいの時期に流行した“RV”=今のSUVのようなマルチな実用性はありません。コスパという言葉もまだなく、2人乗って優雅に粋(いき)に移動できればよかったからです。

ソアラをはじめ、当時“ハイソカー(High society car)”/“デートカー”などと呼ばれたクルマは、“ヤンエグ(Young Executive)”などと呼ばれた人たちも飛びついて人気を博し、また、「これでモテたい」と若者の憧れの対象でもありました。ソアラには“エアロキャビン”という電動折りたたみ格納式メタルトップのさらにヒャッハーなオープン仕様もありました。

多くはATで運転は楽々、“走り屋”のような別方向の本気な人たちを横目に、踏めばバヒューンとめっちゃ速い。MTで乗りたいスポーツカーとは少し違うこの2ドアクーペは、現在のトヨタ車ではもう考えられない“めっちゃぜいたく~”なクルマのカタチ、でした(現在このあたりの需要はレクサスが担っています)。

1972年生まれの脇坂さんは、恐らく確実にあの頃憧れたひとりのようです。それにしても今なおピッカピカに保たれたボディ、ホイールまで純正の極上コンディションにうっとりしています。

「このクルマのスーパーカー消しゴムを持ってましたよ」と当時を思い出してジーンときて、「これ見てよ、コレ!」とエンジンルームにも大興奮。「すき間がいっぱいあるやん。今のクルマはこんなにすき間ない!」となぜか“すき間”もブッ刺さり。分かる人には分かる…!?

すかさず試乗して、「ハンドルがデカいわ」「ノーマルの足ってもっとフワフワでしたよね」とインプレッション。当時は最先端、今見たらほどよくレトロなデジタルメーターもいいな! オーナーさんの「純正のまま残していきたいけどパーツがもう手に入らない」という切実な悩みに共感しつつ、「やっぱええなぁ!」と昭和ホイホイな名車にやっぱり虜になった脇坂さんでした。

「コレ、やっぱええなぁ!」と大興奮の脇坂さん。

ファンからも「もうこんな2ドアクーペ出て来ないんだろうなぁ」「この年式のソアラ好きでした」「カッコいい」「あぶ刑事のレパードも好きだった」などのコメントが多く寄せられていました。(カナブンさん)

動画はこちら↓


※本記事は「ねとらぼ交通課」から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責はすべて寄稿元に属します。掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース