ねとらぼ交通課の気になるYouTubeネタピックアップ

“バイクのすり抜け”自体って違反じゃないの? 気になる疑問を教習所指導員が解説

バイクがクルマの間をすり抜けていく“すり抜け走行”、コレ違反じゃないの?…。多くの人が「そういえば本当のところはどうなの?」となる交通の疑問について、自動車教習所・月の輪自動車教習所の現役指導員が解説してくれました。

ねとらぼ交通課

バイクの“すり抜け走行”、渋滞時などで一度は遭遇した機会があるでしょう。クルマのドライバーも、真横を大きな速度差で抜かれて「うぉっ!」とびっくりしたことのある人も多いかと。コレっていいの? ダメなの? 道交法違反なのかそうでないのか、実のところはどうなのでしょう?

現役教習所指導員のバタイダーさんが、すり抜け走行について、道交法上の定義、警察各所/白バイ隊員の多くに問い合わせたことを総合的にまとめると、「“すり抜け運転そのもの”を取り締まることは(現在の日本の道交法には)ない=違反にはならない」ということになるのだとか。

具体的には、「渋滞で完全に車両が止まっている状態でその車両の左側を抜けていくのは、まったく問題ない(違反にはならない)」「走行中であっても、制限速度内で走っている状態ならば問題はない(違反にはならない)」とのこと。

すり抜け運転

バイクのすり抜けそのものは違反ではないとされる。しかし…。 [写真タップで拡大]

ただし、すり抜け運転そのものは違反でなくても、すり抜け運転をすることによって“別の違反行為”に結び付くことが多々あります。また事故を誘発する可能性も高まります。

たとえば、すり抜けのために歩道のない道路に設けられた路側帯に侵入すると「通行区分違反」に、すり抜け後にクルマの進行方向へ進路変更すると「割り込み禁止違反」になります。渋滞している車間をスルスルとすり抜けて赤信号の先頭へ、こんなシーンもよくあります。このとき、赤信号の停止線を超えると「信号無視」になります。

横断歩道のある場所では「歩行者妨害」(関連記事)になることもあるでしょう。ミラーが接触したり、クルマのドアが突然開いて接触事故に…、というリスクも大いにあり得ます。

「間違えてほしくないのは、違反ではないからやってもいい──のではないことです。ルール(道交法)は何のために設けられたのかを考えると、多くはやらない方がいい、となることを分かっていただければと思います」

無茶/無理/身勝手な運転は事故のもと。安全運転を心がけたいたいものですね。(カナブンさん)

動画はこちら↓


※画像はYouTubeチャンネル『ツキノワプロダクション【月の輪自動車教習所公式チャンネル】』より。 ※本記事は“ねとらぼ交通課”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース