ねとらぼ交通課の気になるYouTubeネタピックアップ

「と、届かない…w」平嶋夏海、KTMの”足つきチェック”果敢に挑戦。「身長154cmでも意外とダイジョーブ…かな?」

バイク大好き元AKB48の平嶋夏海さんが、自身のYouTubeチャンネル『はしれ! なっちゃんねる【平嶋夏海】』にて、低身長のライダーは特に気になる、恒例の”足つきチェック”を行いました。

ねとらぼ交通課

平嶋さんは、普段からナナハンの大型バイク・モトグッツイをブイブイ乗り回し(関連記事)、レースにも参戦してしまう(関連記事)腕前を持つ、大型二輪免許持ちライダー。どんなバイクも運転できますが、平嶋さんは身長154センチと小柄。シート高の高いバイクは”足つき性”が少し心配です。

「かっこいいバイクに乗りたい。でも足が届くかどうか、安心して乗れるかどうかが心配」という人も多いでしょう。そこで平嶋さんが率先して行なっているのが「154センチの私が確認する、バイクメーカー各モデルの足つきチェック」です。

過去にドゥカティハーレーダビッドソンBMWトライアンフヤマハスズキホンダカワサキと、国内外主要バイクメーカーをほぼ網羅しています。すごい!

今回チェックしたのは、昆虫のような、ロボットのような、戦闘機のような攻めたスタイルのスポーティーモデル、”コーナーロケット”の異名を持つ快感モデルなどを要する、オーストリアのカッ飛び系人気スポーツバイクブランド・KTMです。

「KTMはシート高が高いイメージがあるけれど、スリムで軽い車両が多めなので、多少シート高の数値が高くても意外とイケそう! と気になっていたんです~」

「KTMはスリムな車両が多めなので、足を真っすぐ下せて、多少シート高の数値が高くても意外といけそう!」と平嶋さん。

 お、390デュークがイイ感じ! 「両足ばっちりではないけれど、いいぞ、これはいいぞー! これだったらツーリング全然イケちゃいます」「今すぐ試乗したいかも」と好感触でした。

390デューク(シート高830mm/重量約158kg)はイイ感じで、「今すぐ試乗したいかも」と好感触。「両足バッチリではないけれど、いいぞ、これはいいぞー! これだったらツーリング全然イケちゃいます」
RC390(シート高820mm/重量約158kg)は、「ぺたんこブーツだと両足はギリギリつかない!」「でも踏みかえることはできるよ! ダイジョーブ」

では大排気量の車種はどうでしょう? シート高835mmながら1300ccの大排気量エンジンで大型化したモンスター・1290スーパーデュークRエボは、「あぁぁ…ちょっと無理だ(起こせるけれど、踏み替えできないほど届かない)」 足つきの不安が大きく減る、こだわりの5センチ厚底ブーツに履き替えて再チャレンジするも「くっ。ギリギリつかないか…」 残念。

その後も、890デュークR/390アドベンチャー/690エンデューロR/690 SMC R/890デューク/890アドベンチャー/890アドベンチャーR/1290スーパーアドベンチャーSと果敢に挑戦します。

さすがにシート高929mmに達するエンデューロモデルは手ごわい仕様で、お尻がシート左から半分ずり落ち、右足はステップに届くのがやっと。でも「あれ、そんなにシート高あるのかな? って感じ。やっぱりKTMはスリムで足も真っすぐ下ろせるので、意外とイケちゃいそう。怖さはないよ」ってさすがの強気っぷりも見せつけました。やっぱり何でも乗れちゃいそうだな…。

1290スーパーデュークRエボ(シート高835mm/重量約200kg)は、ちょっと厳しかった…。

ファンからも「KTMはデザインが個性的でかっこいいなぁ」「やっぱりシート高あると大変ですね」「KTM全体的にシート高も高い車種か多いんですね」などのコメントが多く寄せられていました。(カナブンさん)

動画はこちら↓


※画像はYouTubeチャンネル『はしれ! なっちゃんねる【平嶋夏海】』より。 ※本記事は”ねとらぼ交通課”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース