第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

【ギヤオイルにも添加OK?】人気のエンジン添加剤“スーパーゾイル”を駆動系オイルにも試してみた!

スーパーゾイル

エンジンオイルの違いが体感性能となって表れることは、ベテランライダーなら経験したことがあるはずだ。それを可能にする高性能添加剤であれば、ギヤオイルに対しても「効能にあやかれる!? あやかりたい!!」と、サンデーメカニックなら思いを寄せるのではないだろうか? そこで、あくまで自己責任において、高性能のエンジンオイル添加剤「スーパーゾイル」シリーズをギヤオイルに使ってみたいと考えた。


●文/写真:モトメカニック編集部 ●外部リンク:パパコーポレーション

駆動系オイルでも応用可能な高性能添加剤。自己責任において、アイデアを実践してみた

バイクには様々な油脂類が使われている。各種オイルやグリスやフルードなどなどだが、車体にはサスペンションオイル、エンジンにはエンジンオイルが主要オイルとして馴染み深い。

駆動系の潤滑用としてプライマリーオイル、トランスミッションにはギヤオイル、シャフトドライブモデルなら、後輪ハブにデファレンシャルユニットが直結するため、その潤滑用にデフオイルが利用されている。

特に、この駆動系は、ギヤの噛み合い駆動部やドライブチェーンに極めて高い圧力がかかることでも知られている。それゆえに、独立した駆動系を持つエンジンでは、エンジンオイルと異なる“高い粘度のオイル”を利用するように指示されている。

たとえばハーレーダビッドソンの場合は、エンジンタイプによってプライマリー系とギヤボックスを同じオイルで潤滑するが(スポーツスター系)、ビッグツイン系はすべてのユニットを個別のオイルで潤滑管理する設計となっている。

今回メンテナンス中の旧車=直列エンジンを搭載したBMW K75Sは、エンジンタイプこそ異なるが、ボクサーシリーズと同様に、トランスミッションギヤ用とドライブシャフト&デフユニット用のオイルを別途管理するタイプ。メーカー発行のサービスマニュアルによれば、SAE80番とSAE90番を外気温度によって使い分けるオイル設定条件となっている。

このミッションギヤ用オイルとデフギヤ用オイルの交換に「スーパーゾイル」を使用してみた。こんな極圧部分の潤滑にも効果的なオイル添加剤である。

スーパーゾイル|ECO

【スーパーゾイルECO for 4cycle 4サイクルエンジン用】●価格:7480円(200ml)/ 1万780円(320ml) / 1万4080円(450ml) [写真タップで拡大]

発売元では、4サイクルエンジンオイル用としてラインナップしている商品だが、摩擦熱によって金属表面を改質再生する効果を得られるのがスーパーゾイルの大きな特徴である。たとえば、長年の酷使によって金属表面がただれてしまったような状況でも、いわゆるトリートメント効果によって金属化合物がただれた表面を平滑にする。結果的には、その後の金属摩耗を減らす高い効果を得られるのだ。

旧車部品をできるかぎりケアしつつ、ダメージを極力減らしたいユーザーにとって、スーパーゾイルは気になる高性能添加剤として認識されている。

実は、ロングツーリングを好むライダー仲間から、愛車カワサキW1シリーズのプライマリーオイルにスーパーゾイルを添加したところ、以前と比べて滑らかさが増したとの話を聞いていた。

ハーレーでも同様の話があった。確かに、パッケージされたユニット内で、クランク軸出力をドライブチェーンで駆動しているのがプライマリーユニット。スーパーゾイル効果を得られても当然だろう。

そこで、個人責任において、スーパーゾイルエコを各ギヤオイルの使用量5%にて添加し、注入してみた。トランスミッションギヤオイルとデフギヤオイルにスーパーゾイルエコを添加することで、ゾイル効能を得られれば幸いと考えたのである。せっかく仕上げた旧車BMWのK75Sだから、今後は高性能添加剤にも頼り、より良いコンディションで乗り続けていければと考えている。

モトレックス|ギヤオイル

トランスミッション用のギヤオイルとデフオイルに利用したのは定評のモトレックス製。エンジンオイルとは異なり、オイル粘度が高いのがギヤ専用オイルの特徴だ。モトレックスは75W/90仕様。 [写真タップで拡大]

K75S|トランスミッションオイル|排出

メインスタンドの右側ピボット、すく後方の上にあるボルトがトランスミッション用のドレンボルト。ボルトは取り外しやすいが、オイルは受けにくい。 [写真タップで拡大]

K75S|ドレンボルトの汚れ

BMWに限らず、トランスミッション系オイルのドレンボルトにはマグネットが仕込まれている例が多い。ウエスで拭き取ると、この通り鉄粉と汚れが。 [写真タップで拡大]

K75S|デフユニット

シャフトドライブモデルは、リヤホイールハブサイドにデフユニットが直結されている。傘歯歯車=ベベルギヤがシャフトからの駆動力をホイールに伝達する。比較的最近にオイル交換されていた様子だが、あらためてリフレッシュ!! [写真タップで拡大]

K75S|デフオイル用ドレンボルト

デフオイル用ドレンボルトにもマグネットが組み込まれていたが、オイル交換されていた様子が理解できた。マグネットにはまったく汚れの付着がなかった。 [写真タップで拡大]

スーパーゾイル|計測
スーパーゾイル|注入

オイル注入容量に対して5%の添加がスーパーゾイルエコの処方。ミッションオイルもデフオイルも使用量は少量なので、簡易メスシリンダーでしっかり測定してオイル注入。オイル使用量はミッションが850cc、デフは260cc。 [写真タップで拡大]

K75S|車載工具
K75S|フィラーゲージ

トランスミッションギヤオイルのレベル確認には、なんと車載工具を利用! リヤサスペンションスプリングのフックレンチエンドがフィラーゲージとなっている。わずかなギヤの隙間へ差し入れるので、フィラーキャップ一体式ではないのだ。 [写真タップで拡大]

K75S|オイルレベル確認

オーバーホール後のドライ状況とオイル交換時では、当然ながら注入量は異なる。どんなオイル交換時も規定量の8割程度注入し、エンジン始動&ギヤを操作後に注ぎ足してオイルレベルを合わせるのが良い。入れ過ぎは良くない!! [写真タップで拡大]

K75S|フィラーボルト孔

デフオイルにゲージはない。2サイクルエンジンの場合も、このようにギヤオイルの注入量を決めるレベルボルトの存在がある。メインスタンド停車でオイル注入用フィラーボルト孔の“口切りいっぱい”まで注入。溢れ出たらボルトを締める。 [写真タップで拡大]


※本記事は“モトメカニック”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース