標高3500mの街、レーに到着!

Moto Himalaya 2022:Day01-02 高山病予防の休息日、とにかくヒマラヤだらけの街で過ごすの巻【with HIMALAYAN vol.11】

40歳でバイクに乗りたいと思い立ち、普通二輪&大型二輪の免許を取得。2022年2月に人生初バイク・ヒマラヤを購入したと同時にバイクライフが本格的にスタートしたミリオーレ営業・ムラタ。「いつかヒマラヤでヒマラヤを走れたらおもしろいですよね〜」と常々冗談のように話していたのだが、その夢が思いがけず早々にかなったのだった! まさに夢の日々を振り返ります。

●文:ミリオーレ編集部(村田奈緒子) ●写真:河野正士、Moto Himalaya 2022クルー、村田奈緒子 ●外部リンク:ロイヤルエンフィールド東京ショールーム

Day 01:標高3500mの街、レーに到着! 街中を走るバイクはほぼロイヤルエンフィールド!

インド・デリーに到着した翌日は、モト・ヒマラヤのスタート地点であるレー(ヒマラヤ山脈にある山岳砂漠の街。標高3500m)へ! と、1文で済ませられないくらい到着までにすったもんだが発生した。

その1:オーバーブッキングで2名搭乗できず(事前にwebチェックインしていなかったのが悪い! と、ひたすらチェックインカウンターで押し問答)

その2:レーに到着したらロストバゲージが判明(搭乗できなかった2名が翌日に来る際に持ってきてくれることになったのでよかった!)

今回はバイク旅が始まるまでにレーで過ごす2日間が設けられていたのでこうしたトラブルにもゆとりある対処が可能だったが、いろんな意味でハードな旅になるという片鱗が見え隠れしつつあった。

MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ
MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ

7時の便に乗るため、朝5時過ぎにデリー空港に到着。早朝とは思えないほど空港入り口からすでに長蛇の列で、いたるところで車やバイクのクラクションが鳴り響く。「クラクションの音って、こんなに種類あるのね」と眠気がさめる。デリーからレーまでの飛行時間は1時間30分ほど。標高3500mに向かっているので当たり前だが、機窓から見える景色はやがて岩肌と雪が残る山々ばかりに。 [写真タップで拡大]

MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ
MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ

レーに近付くと機窓からの景色に緑が増えたが、木々はひょろっとしており森林限界を感じさせられた。富士山にすら登ったことがない自分にとって、はじめての標高3500m。とにかく空が青くて、陽射しが痛い。空港から駐車場までを歩くだけで、やや息が苦しくなり立ち止まっては深呼吸を繰り返した。 [写真タップで拡大]

レーのホテルに到着すると、モト・ヒマラヤのスタッフであるアルジェイさんからは「とにかく高山病にならないように、ゆっくり動け! 階段も使わず、部屋で安静にしてなさい! 喫煙やアルコールはもってのほか!」とお達しがでた。

とはいえ異国の地に到着しておとなしくしてもいられず、ホテル周辺の街中を散策。驚いたのはとにかく街中で見かけるバイクはロイヤルエンフィールドばかりということ。それもヒマラヤが大半だ。最初こそ「あそこにもヒマラヤ、ここにもヒマラヤ!」と喜んだのだが、あまりに数が多くて数分後には他メーカーのバイクを見つけたときのほうが興奮。

街中はクラクションが鳴り響き、バイクや車は遠慮のないスピードと自由な道筋で走る。そんな喧騒のなか、犬たちは日陰で無防備に寝転び、牛はのんびりとねり歩く。「なんともいえない不思議なリズムで時が過ぎる街だな」という第一印象でこの日は終わった。

MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ
MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ

朝、昼、晩の食事は、カレーとチャパティが基本セット。どれもスパイスによる複雑な味わいで、個人的には好印象。写真右は、パパドという豆の薄焼きせんべいに刻んだ生野菜がのったマサラパパド。マサラパパドは、ビールが飲みたくなる美味しさ! [写真タップで拡大]

MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ
MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ

レーの繁華街には、なぜ、このデザイン? と疑問しか浮かばない I ♡ LEHのモニュメントが。陽射しが強い通りは極端に人が少ない。歩くだけで、ジリジリと自分が日に焼けているのがよく分かるほど。街中にはレンタルバイクショップが多々。もちろん貸し出しているのはロイヤルエンフィールド。 [写真タップで拡大]

MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ
MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ

我が物顔で街中を闊歩する牛と、死んだように眠る犬たち。日陰に犬が転がっているので、踏みそうになることも。 [写真タップで拡大]

Day 02:休息日 & 夕方にはブリーフィングとドクターによるヘルスチェック

日中はまるで息もしていないかのように眠っていた野犬たちが夜になると活発化。深夜、街からバイクや車のクラクションが消えるにつれ、犬たちの主張があちらこちらから聞こえてくる。犬が元気だなと思って眠りについたのだが、翌朝は犬の喧嘩?によるなんとも痛ましい鳴き声で目覚めた。朝からカオスである。

MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ
MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ

夜になると、とにかく犬が元気になり、キャンキャンと朝まで活動している。朝6時頃の客室からの眺めは、山々がゆっくりと朝陽に照らされて変化する様子が美しく、いつまでも眺めていられるほど。静謐な朝の光景に見えるが、実際は犬の鳴き声が……。 [写真タップで拡大]

MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ
MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ

日中は、再び街を散策。あっちも、こっちもロイヤルエンフィールド。タンデムだけでなく、なかには子ども含む1台4人乗りのつわものもいた。そしてヘルメットはかぶらずに、なぜか抱えて乗る人も多数。 [写真タップで拡大]

MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ
MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ

ごく稀にKTMやトライアンフ、BMWを発見! バイクで旅をしていると思われる外国人ツーリストも多い。 [写真タップで拡大]

MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ
MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ

ツーリスト向けのお土産屋も多いが、刺しゅうTシャツショップではバイクモチーフのデザインも。なかには店内にあるミシンで製作しているショップもあり、Tシャツのサイズやカラー、刺しゅうのデザインを選ぶだけでなく、名前などをプラスしてオーダーすることも可能だ。 [写真タップで拡大]

MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ
MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ

MIGLIORE ディレクターの小川は、ヤクやパシュミナを使ったストールやラグを扱うショップで「君に似合うと思うよ」とカラフルなストールをすすめられて喜ぶ。雑貨的なお土産がならぶマーケットでは、バイクに装着するのにぴったりなサイズのタルチョ(5色の祈祷旗)も発見。 [写真タップで拡大]

この日は前日にオーバーブッキングで搭乗できなかったメンバーだけでなく、モト・ヒマラヤに参加する他国からのメンバー到着日。今回は日本だけでなく、韓国、タイ、インドネシアからメディア関係者が参加しており、夕方には全員が集まるブリーフィングとドクターによる健康診断があった。

MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ
MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ

ライダーだけでなくスタッフやドクター、撮影クルーなど全員が集結。このメンバーでは、女性の参加は私だけだった。ドクターのヘルスチェックでは血中酸素飽和度の数値も良好とのこと。この時点でやや高山病に苦しんでいたり、腹痛に悩まされているメンバーもいたが、私自身は体調面はいたって良好に旅を終えることができた。その点は本当にラッキーだった! [写真タップで拡大]

MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ
MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ

ブリーフィングではライダー1人ずつに記念Tシャツや給水用のボトル、ヘルメットやバイクに装着するナンバーステッカーなどが配布された。Tシャツのモチーフになっているように、川渡りもある冒険旅がいよいよ翌日から始まる! [写真タップで拡大]

高度順応のための2日間の休息日を終え、いよいよ旅の始まり! 次回は、インドの交通事情に慣れるためのショートツーリング編をお届けします!

I want to go to the Himalayas again with Himalayan!

FOLLOW Me! with_himalayan Insta

いまヒマラヤを買うと、アクセサリーキットがスペシャル価格に!

今回のモト・ヒマラヤ2022を記念して、キャンペーン期間中に全国のロイヤルエンフィールド正規販売店でヒマラヤの新車をご成約、ご登録いただいた方先着 50 名様に、アドベンチャーツーリングでは必須となる人気のアクセサリーキットを特別価格で販売するキャンペーンが実施される!

アクセサリーキット(ブラックカラーのメーカー希望小売価格 15万4880 円)が、なんとを5万5000 円で購入できる貴重な機会はぜひチェックを!

モト・ヒマラヤ・エクスプローラーエディション・キャンペーン

●キャンペーン実施期間:2022年10月1日〜12月末日

●キャンペーン対象者に特別価格で販売するアクセサリーキットの内容
アルミニウムパニア(※1)/パニアマウンティングキット/ラージエンジンガード/ハンドガードキット/リアマスターシリンダーガード(※1)/オイルクーラーガード(※1)

※1の商品はシルバーカラーも選択可能(取付工賃が別途必要)
キャンペーンの詳細は、お近くのロイヤルエンフィールド正規販売店にお問い合わせください

MIGLIORE|ミリオーレ|ヒマラヤ|ロイヤルエンフィールド|モトヒマラヤ

[写真タップで拡大]


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース