HERO’S Insight|Racing Heroes

岡崎静夏の新たなる挑戦 vol.4【今季ベストリザルト! 歯車が噛み合い始めた全日本J-GP3クラス第4戦】

全日本デビュー当時は現役高校生だった岡崎静夏、レースキャリアは19年と長い。2020年には自らチームを立ち上げ、メカニック担当の弟と二人三脚で2シーズンを戦った。さまざまな経験を経たことで課題も見えてきたのだろう。2022年、岡崎静夏は2年ぶりにチームに所属してレースを闘っている。

●文/写真:Racing Heroes(駒井俊之)

駒井俊之(こまい・としゆき)/1963年生まれ。バイクレース専門サイト「Racing Heroes」の運営者。撮影から原稿製作まで1人で行う。“バイクレースはヒューマンスポーツ”を信条に、レースの人間ドラマを追いかけている。

長年共に戦って来た弟・岡崎慎の存在

手島雄介率いる『日本郵便Honda Dream TP』から参戦する岡崎静夏を追う第4弾。開幕戦から苦戦を強いられてきた岡崎。第3戦筑波で後半戦に繋がる一筋の光明が見えた。果たしてターニングポイントになったのか。約2ヵ月ぶりのレースで九州オートポリスに乗り込んだ。

岡崎と長年チームを組み、コハラレーシング所属中も常に傍にいて苦楽を共にしてきたのが弟の慎だ。2020年自らのチームを立ち上げた時は二人で全てのことをこなしていた。レースのエントリーからマシンの整備はもちろんピットの設営・撤去まで。レースウィークに入ればマシンの各部調整しながら、セッティング・燃調管理など、当然二人の負担は増えてくる。キャパオーバー。これでは更に上を目指すことはできない、と手島雄介のチームの門戸を叩いた。


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事


WEBヤングマシン|新車バイクニュース