RaceReport|Racing Heroes

ポールポジションは中須賀克行、2番手にはチームメイトの岡本裕生!【全日本ロード第6戦 オートポリス 公式予選】

全日本ロードレース第6戦が大分県オートポリスで開催された。土曜日に行われた公式予選。ポールポジションは中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、2番手にはチームメイトの岡本裕生。だがセッション中に激しく転倒してしまい具合が気にかかる。3番手は榎戸育寛(SDG Honda Racing)。

●文:Racing Heroes(駒井俊之) 

駒井俊之(こまい・としゆき)/1963年生まれ。バイクレース専門サイト「Racing Heroes」の運営者。撮影から原稿製作まで1人で行う。“バイクレースはヒューマンスポーツ”を信条に、レースの人間ドラマを追いかけている。

ブレーキングの克服に努めてきた岡本裕生

予選スタートしてファーストアタックで岡本が1分48秒373をマーク、リーダーボードのトップに立つ!昨日行われたART合同走行でもトップタイムをマークして好調さが伺える。鈴鹿8耐は走れなかったが、ヤマハのテストコースでYZF-R1のテストを行っていた。そこで吉川和多留監督から「ブレーキングの課題」をたんまり出されたと言う。「開幕の時と比べるとブレーキングに関しては自信が出てきたかな、と思います。ですが中須賀さんを抜くレベルには到底追いつけていません」と謙遜する。

しかしタイムアタックを続けていた矢先の第一コーナーでハイサイド、激しく転倒してしまった。この後、走行できず1分48秒373というトップタイムだけが残った。

榎戸が1分48秒943で2番手に浮上。名越哲平が開幕前に負った怪我の手術のため今シーズン後半戦をキャンセル。その代役として榎戸育寛がJSBマシンに乗り込んで参戦することになった。昨日のART合同走行でも総合4番手につけており調子が良さそうだ。


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事


WEBヤングマシン|新車バイクニュース