Hello! マイファーストバイク

教習所通いを後悔した日々がYouTubeに救われるまで【with HIMALAYAN vol.3】

前回の記事ではバイクに乗りたい! 教習所に行こう! と決断に至るまでの至極個人的な歴史を20代後半~40代にかけて簡潔に振り返った次第だが、教習所に通いはじめて早々にそんな想いは打ち砕かれた。よくエンストし、よく転び、そして人知れず涙しながら登校拒否? まで頭の片隅によぎった日々をお伝えしようと思う。

●文/まとめ:ミリオーレ編集部(村田奈緒子) ●写真:長谷川徹、ホンダ ●外部リンク:ロイヤルエンフィールド東京ショールーム

4月に申し込んだ教習が6月からようやくスタート!

教習所

教習初日に思ったのは、ヘルメットって持ち歩くにはとても不便ということ。バックパックにヘルメットをいれて担いで通ったが、駅で知り合いに会うと「これから山にでも行くの?」と聞かれたことが数回あった。 [写真タップで拡大]

4月に訪れた教習所に再び足を踏み入れたのは6月のこと。どこの教習所も激混みという噂は本当で、私の場合は2カ月待ちで普通二輪免許の教習が開始となった。このとき私が持っている運転免許は普通自動車のAT限定のみ。お金のない学生時代にMT分をケチったため、今日までAT限定でしか運転というものをしたことがなかった。

そもそもMTの仕組みが理解できていない上に、両手両足を動かすことに瞬時に反応できず、さらには怖いからアクセルは回せないし、エンストはしょっちゅうだし、転んで痛いし、あと教官が言っている意味が理解できないし、なにをどうすればいいのかすら分からないし……(延々と愚痴が続く)。梅雨の大雨が重なると本当に最悪で、とにかく散々だった。普通二輪1段階で何度か補習も重ね、なんとか2段階にステップアップしたときには「しばらく休みたい……というか、もうバイク乗れなくてもいいかも……」とまで思い詰めていた。

ありがとう! YouTube「マッスルバイクちゃんねる」と「つばめ中央自動車学校」、そして漫画『ばくおん!!』

そんなある日、更衣室で声をかけてくれたのが20代前半の女性だった。彼女はお父さんとお兄さんがバイク乗りだそうで、2人に影響されて免許取得を決意したとのこと。補習もほぼなく、スムーズにステップアップしていた。コツというか学びの方法を聞いたら、「ほとんどYouTubeです〜」とのこと。

ということで、その日からいろんなYouTubeをチェック! とくにお世話になったのが、バイクと筋肉を愛する「マッスルバイクちゃんねる」と新潟県の女性専用合宿校「つばめ中央自動車学校」だ。

Honda CB400 SUPER FOUR 教習車

普通二輪の教習では、ホンダCB400スーパーフォア(教習車仕様、並列4気筒エンジン、総排気量399cc)にお世話になったのだが、どうも私このバイクに最後まで馴染めなかった。乗りたいのはこんな感じじゃないという漠然とした思いを抱えたまま、普通二輪の教習は幕を閉じた。ちなみにCB400スーパーフォアは、法規対応に伴う生産終了が決定。そう聞くと、なんだか切ない。ありがとう〜!。 [写真タップで拡大]

なかでも「つばめ中央自動車学校」の「分かりやすい! 4分で分かる! バイクの発進停止」は牧歌的なBGMと、いい意味でゆる〜いテキスト解説がなんだかほっこりできておすすめ。バスで移動中はバスの発進と停止を感じながら動画でイメトレ、寝る前にも必ず1回はチェックしてイメトレと、とにかく数え切れないほど繰り返し視聴した。

そして最終段階までつかめなかった“半クラ”は、「指を『谷啓のガチョーン』の形にしてレバーを保持する」ー漫画『ばくおん!!』1巻 のセリフで解決。ちなみに、半クラのあまりに分かりやすい表現に刺激され、20代にこのセリフのすばらしさを語ったのだが「谷啓って誰ですか?」と返されて会話が終了したのも今ではよい思い出だ。

教本だけでなく、現代のあらゆるコンテンツを駆使? したおかげで、2段階~卒業検定まではスムーズに修了。7月下旬、無事に普通二輪免許を取得したのだが、この段階ではバイクって楽しい! 早く乗りたい! という思いはなかった。

暑さにノックアウトされながら、9月からは大型二輪の教習が開始

Honda NC750L

ホンダNC750L(教習車仕様、直列2気筒エンジン、総排気量745cc)で大型二輪の教習は行われた。CB400スーパーフォアで感じた苦手意識がこのバイクでは皆無で、「バイク楽しいかも!」と教習1日目から思わせてくれた。エンストもほぼなかったし、何度も言うが転ぶことが一度もなかった! 普通二輪時は、なぜあんなに転んでいたのだろうか? [写真タップで拡大]

7月下旬に卒検合格したにも関わらず、仕事が忙しかったこともあり免許の手続きに行ったのは8月末。大型二輪の教習が始まる数日前だった。大型がスタートする前に一度くらいレンタルバイクで走ってみようかなと思ったりもしたのだが、実行に移すほどの熱意もなく……。それくらい、普通二輪の教習なのか? バイクそのものなのか? とにかく楽しくなかったのだ。

だから、大型二輪教習の開始直前まではすこぶるテンションが低かった。「ついに大型だね。バイクは乗ってた?」と声をかけてくれた教官もいたが、正直なところYouTubeのイメトレもしておらず、発進と停止の手順を覚えているのかすら怪しかった。

不安を抱えて、バイク乗りへの道を再始動したわけだが、前回のような悪夢は起きなかった。ホンダNC750Lはこの感じのバイク好きかも! と思えたし、何しろ1回も転ぶこともなく、乗るたびに楽しい! 楽しい! を積み重ねていく感じだ。補習を追加することなく教習はスムーズに終わったのだが、卒検時に一本橋で変に頑張りすぎて脱輪し(教官にも「次回は頑張ってタイムをねらわなくていいです」と言われた)、2回目を受け直した。

 SHOEI Gallery TOKYO|ショウエイ
 SHOEI Gallery TOKYO|ショウエイ

普通二輪の時は借りたヘルメットを使用していたのだが、大型二輪でバイクの楽しさを感じ始めたら俄然アイテムを揃えたくなった次第。そもそもで“ヘルメットの正しいフィット感”が分かっていなかったので、某日にはSHOEI PERSONAL Fitting System(PFS)サービスを受けにSHOEI Gallery TOKYOへ。計測から細かく調整や相談にのっていただき、丁寧な商品説明も受けられたのでバイク初心者の私にはとても充実したお買い物体験だった。マイヘルメットを手にしたことで、言わずもがなで教習がさらに楽しくなった。 [写真タップで拡大]

教習所
教習所

夏日の教習はかなり過酷で暑さに弱い私はよく顔を真っ赤にしていたらしく、教習途中に「塩タブレットを食べなさい」と教官からいただくことが何度かあった。4月に申し込みに行ってから、普通~大型二輪の教習を終えたのは10月上旬のこと。季節は初春から初秋へと巡っていた。 [写真タップで拡大]

バイクが楽しくなると、必然的にマイバイクが欲しくなるわけで……

そんなこんなで大型二輪の教習が楽しく進むうちに、それまでまったく考えていなかった思いが湧き上がってきた。ただただシンプルに、「自分のバイクが欲しい」。この思いとともにイメージが浮かび上がったのは、やはりロイヤルエンフィールドのヒマラヤだった。

Husqvarna Motorcycles
SVARTPILEN 401

とある休日、モーターサイクルジャーナリストの伊丹さんとMIGLIORE ディレクターの小川に突然電話をし、一緒にハスクバーナのスヴァルトピレン401を見に行ってもらったことも。このとき、好みのデザイン的にスヴァルトピレンも少し頭の片隅にあった次第。私は身長が173cmあるのでバイクがややコンパクトかもなぁとは思っていたのだが、案の定跨ってみたら小川は「サーカスの熊みたいだな」とポツリ。言い得て妙だなと自分でも納得したことで、ヒマラヤ購入が濃厚となった。 [写真タップで拡大]

「まずはレンタルバイクから始めてみれば?」と言う人もいたのだが、いかんせん借りたバイクでの立ちゴケが怖くてレンタルする勇気が出ず。一方で「はじめてのバイクだし、中古で探してみたら?」と言う人もいたのだが、そもそもヒマラヤの中古が当時は見当たらなかった。さらに「411ccの大型にするより、400ccのシングルエンジンでいいのでは?」とアドバイスをくれた人もいたのだが熟考した結果、乗りたいのは数値やスペックではなくヒマラヤだという思いに着地。

タイミング的に排気ガス規制のユーロ5に対応した最新モデルの発売を待つことにし、無事に納車されたのが今年2月だった。

次回は納車からの公道デビューと、少しずつ慣れつつあるターンバイターンナビゲーションシステム「Royal Enfield Tripper」についてお届けする予定。

I want to go to the Himalayas someday with Himalayan!

FOLLOW Me! with_himalayan Insta

Royal Enfield|ロイヤルエンフィールド|ヒマラヤ

パニアケースを装着しているので転倒でのクランクケースや燃料タンク付近の破損は少ないかなと思いつつ、スタイル的にゴツくしたくてエンジンガードの装着を検討中。納車から2カ月で、走行距離は1300kmほど。乗ろうと思った日に雨が降ったりと、なかなかタイミングが合わないもんだなと……。目下、天気と自分の予定を細かくチェックするのが習慣となっている。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ミリオーレ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ホームホンダ ゴールドウイング(GL1800)開発者インタビュー 「NSR250R開発担当が追求した、スポーツとラグジュアリーの両立」
WEBヤングマシン|新車バイクニュース