第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

バイクの存在は見過ごされてなんかいない|モーサイ

衝突被害軽減ブレーキが反応するのは対クルマや歩行者だけ? バイクに対しても有効なのか?


●レポート:山本晋也 ●写真:ホンダ/ヴァレオ/ベロライン・ライダー ●編集:モーサイ編集部(中牟田歩実)

標準装備化が進む「ぶつからないクルマ?」AEBSとは

「ぶつからないクルマ?」といったCMのキャッチコピーで知られるようになった四輪車の自動ブレーキ機能。「自動」といっても運転をクルマに任せておけるという意味ではありません。

障害物を検知している状態で、ドライバーが適切な対応をしていないとクルマが判断すると、急ブレーキを作動させる機能のことです。

あくまで運転ミスをカバーするための補助機能であり、本来は「衝突被害軽減ブレーキ」と記すべきで、またアルファベットでは「AEBS」(Advanced Emergency Braking Systemの略称)と略されます。

このAEBS、すでにクルマでは義務化が進んでいます。2021年11月以降に登場した新型車には義務化となっていますし、継続生産車でも2025年7月以降は標準装備していることが求められています。


※本記事は“モーサイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース