チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

FZ6やストリートトリプルを牽制?|モーサイ

ホンダ ホーネット600の海外広告が虫嫌い卒倒レベルに「キモい!! 」500匹以上のハチが車体に群がる

●レポート:モーサイ編集部(中牟田歩実) ●写真:ホンダ/Honda Motor Europe Ltd.

ホンダモーターヨーロッパが2007年に公開した「ハチまみれ」ホーネット600の広告

海外で公開されるバイクやクルマの広告には、日本国内ではあまり見かけないような派手でセンセーショナルなものもあります。

当記事で紹介するのは、イギリスに拠点を置く「Honda Motor Europe Ltd.」がホンダ 新型ホーネット600の発売に向けた広告として2007年に公開したもので、黄色いホーネット600に無数のハチが群がるビジュアルが印象的です。

この広告はドイツのハンブルグにある広告代理手が手掛けたもので、広告の右下には「The queen is back」つまり「あの女王が帰ってきた」というキャッチコピーが書き入れられています。

「ホーネット」とは「スズメバチ」(よく知られているBeeはミツバチ)という意味。日本では250ccの「ホーネット」がとても有名ですが、600ccの「ホーネット600」、900ccの「ホーネット900」も販売されました。


※本記事は”モーサイ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホーム【Q&A】化学合成油と鉱物油って何が違う? オイル交換の目安が違う理由もわかる!
WEBヤングマシン|新車バイクニュース