第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ワダチを使ってコーナリングをスムーズにクリアする!!〈渡辺学のオフロードライディング指南|前編〉

渡辺学のオフロードライディング指南

ワダチがあるとつい減速してしまう…。ある意味で正解だが、スムーズにクリアする方法を知っておいても損はない。場合によっては、ワダチを利用することで、今までよりもコーナリングをより素早く走ることだってできる。世界的ライダー・渡辺学選手によるオフロードライディング指南企画『渡辺学のスキルアップラボ』から、本記事ではワダチをテーマに前後編で解説。上手く使えるようになれば、ライディングスキルはワンランクUPしているハズ!!


●まとめ:ゴー・ライド編集部(山田晃生) ●写真:長谷川徹 ●取材協力:ウエストポイント

渡辺学|ツイスターレーシング

【ツイスターレーシング 渡辺学】全日本モトクロスのチーム監督として’22年シーズンも全戦で活動するほか、JNCCシリーズにはライダーとして参戦予定の当ラボ院長。’22シーズンの活動も基本的には変更はないが、スクールイベントをもっと積極的に開催していきたい!! とのこと。もちろん本業のマナブ餃子も随時オーダー受付中!(twisterracing.com@gmail.com) マナブ先生は今日もオフロードを走り、ギョーザを焼く。 [写真タップで拡大]

ワダチは使い方でコーナリングがより楽しく早くなる

ストレートやヒルクライムセクションなど、さまざまな場所に出現する”ワダチ”。今回はコーナーの途中にあるワダチを解説しよう。ワダチがコーナーの中にある場合、土質や通過するライダーの技量などによって、長さ/深さ/アールの形状はさまざまに変化するが、基本的にアクセルを開けるポイントにできやすい。タイヤが埋まるほど深いと難しくなるが、浅めのワダチであれば、沿わせて走ることでスムーズなコーナリングが可能になるというメリットが。この沿わせ方がワダチをスムーズに走るポイントだ。

オフロードテクニック|ワダチ|渡辺学

ワダチには無数のパターンがあるとは思うが、事前に計画を立てるのが大事。進入ライン/ブレーキングをどこで終わらせるか/クリッピングポイントをどこにするか/前輪をどこに入れるかなど、些細なことを綿密に組み立ててトライしてほしい。 [写真タップで拡大]

マナブ先生「硬いフラットな路面は、アクセルを開けるとテールスライドしやすくなるので、アクセルコントロールにかなり気をつかいます。ところが、浅くてもいいからワダチがあれば、バンクのように使える。マシンの速度とバンク角度が合っていれば、スムーズなコーナリングができるので、どんどんタイムを縮められるんです。練習でIA(国際A級)/IB(国際B級)のチーム員と走ることもありますが、スピード的に直線は変わらないのに、コーナーで一気に差が詰まる。ワダチの頼り方/使い方によって、スムーズな走りだけでなくタイムアップにも影響してくるんです。

ちょっとハナシは変わりますが、僕が現役で全日本モトクロスを走っていた頃、ワダチのできやすいコースの場合は、練習走行は1本目から走るようにしていました。理由は自分が走りやすいラインでワダチが作れるからなんです。走行順がIBの公式練習後だと走りにくい。IAの場合、コーナーのかなり手前からワダチができやすく、ハイスピードで寝かせていけるのですが、IBはマシンが立っている場所の下のほうにワダチが掘れるため、マシンを倒しにくくなる。リズムが合わせにくいんですね。さらに世界戦の場合は、もっともっと手前からマシンを倒すので、大きなアールのワダチになりやすい。僕でも合わせるのが難しかったです。

なので、ワダチに対しては「自分がコントロールできるスピードで、なるべくアウトから進入するラインで組み立てる」のがポイントですね。タイムアップするための手段でもあるのですが、同時にスムーズに走らせるためのテクニックでもあるわけです」

スムーズライドのカギはアウトからの進入

コースやセクションによって、ワダチの長さやアールの大きさは変わるが、走り方はどんな場合でもセオリーどおり。なるべくアウトから進入してブレーキング。クリッピングポイントからアクセルを開けて脱出する。例外として、SUGOのヨーロピアンコーナーのようなハイスピードで超長いワダチでは、アクセルをちょっと開けてマシンを安定させるケースもある。もちろんこれは超上級者向けなので、参考程度に覚えておこう。

オフロードテクニック|ワダチ|コーナリング|渡辺学

[イン側から進入(青線)]イン側のラインは、急激に向きを変えなければならず、各操作も忙しいのがデメリット。マシンも起き上がりやすいため、コーナリングしにくいといえる。[アウトから進入(赤線)]なるべくアウトから進入することで、ワダチに対して緩やかなラインを描けるようになる。マシンを倒しやすいので、コーナリングしやすくなるわけだ。 [写真タップで拡大]

ワダチ走行を実践してみよう!

今回の解説で使用するのは、オフロードヴィレッジBコースの最終コーナー。ほぼ180度でターンする右コーナーだ。

オフロードテクニック|ワダチ|コーナリング|渡辺学

進入ではなるべくアウトのラインをとる。 [写真タップで拡大]

オフロードテクニック|ワダチ|コーナリング|渡辺学

ブレーキングをなるべく早めに終わらせることで、マシンは寝かしやすくなる。逆にブレーキングし続けてしまうとマシンが起き上がりやすいため、いつまでもコーナリング状態に持っていけない。また右コーナーでリヤブレーキを踏んでいると足を出せないので、とくに早めに終わらせておきたい。 [写真タップで拡大]

オフロードテクニック|ワダチ|コーナリング|渡辺学

アクセルオフで前輪をワダチに合わせていく。 [写真タップで拡大]

オフロードテクニック|ワダチ|コーナリング|渡辺学

ワダチ内では前輪はワダチの壁面。後輪はボトム付近を通過している。アウトから進入したため、ここでマシンを寝かしやすい。 [写真タップで拡大]

オフロードテクニック|ワダチ|コーナリング|渡辺学

ここまでアクセルオープンを我慢しておくこと。あせって早くアクセルを開けてしまうとマシンが起き上がり、曲げにくい状況になるほか、アウトに膨らむなど、ロスが多くなる。 [写真タップで拡大]

オフロードテクニック|ワダチ|コーナリング|渡辺学

マシンの向きが変わりつつ、ワイドオープンで脱出。 [写真タップで拡大]

オフロードテクニック|ワダチ|コーナリング|渡辺学

加速時にサスに荷重していたことで、車体が浮くほど加速。マシンの向きも次のコーナーに対して有利なラインで立ち上がれるようコントロールする。 [写真タップで拡大]

後編では、コーナリング中の各ポイントごとのアウト側のラインとイン側のラインの違い/メリット/デメリットに加え、上級テクニックも紹介する。


※本記事は“ゴーライド”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース