シューシャイナーいとのレザーケアレッスン

靴長持ちの秘訣教えます! お気に入りの一足には絶対入れたい『シューキーパー』

  • 2024/05/13 6:00
  • [CREATOR POST]伊藤由里絵

●文:[クリエイターチャンネル] 伊藤由里絵

こんにちは、日本一周靴磨き旅中のシューシャイナーいとです! 皆さんの靴箱にはお気に入りの一足はありますか?? 履きやすくてついつい選んでしまう、そんなお気に入りの一足もよく見てみるとどうでしょう…新品の時と比べてみたら何か靴の形が変わってる!? といった場合もあるんです。

そんなときに役立つアイテムが『シューキーパー』!! このアイテム、ただ形を整えてくれるだけじゃありません! 履いていない間に入れておくだけで色んな効果があるので、お気に入りの一足を長持ちさせたい方は必見ですよ~!

そもそもシューキーパーって何?

シューキーパーとは、靴の中に入れて形を整えてくれる、靴にとっていわばハンガーの役割をしてくれるアイテムです。革にちょうど良いテンションがかかることで、新品時の形を維持してくれます! 100均やネットショップでも簡単に手に入る手軽さも魅力です。

形を整えるだけじゃない! シューキーパーを入れるメリット3選

1.靴の変形を防いでくれる

特に変形しやすい履き口の革や甲のシワをしっかりと伸ばしてくれるので、綺麗な形をキープしてくれます。シーズンオフでしばらく履かない靴にも入れておくと良いですよ。

2.臭いやカビの発生を予防してくれる

木製のシューキーパーには、臭いやカビの原因となる靴の中の湿気を吸い取ってくれる効果があります。

3.靴磨きしやすくなる

実は、シワの入った状態のまま靴磨きをすると、クリームの成分が上手く浸透してくれません…。そこでシューキーパーの出番。入れれば靴のシワがしっかりと伸びてくれて、隅々まで均一に磨けるようになります。

上の画像を見てみてください! 片足にだけシューキーパーを入れてみました。入れていない方は甲の部分にシワが目立つのと履き口が広がって全体的にやれ感がありますが…シューキーパーを入れることで整った形になっています!

どんなシューキーパーを選んだらいいの?

一口にシューキーパーと言っても、形や値段も様々。今回は用途別に使いやすくてオススメのタイプをご紹介します!

1.基本のシューキーパー

一番使いやすくてスタンダードなシューキーパーは、木製でかかととつま先がしっかり形作られているタイプです。靴の形を整えてくれるだけでなく、木材が湿気を吸い取ってくれる効果もあります。かかともしっかりとしているので、全体をバランス良く伸ばしてくれますよ!

2.靴を持ち運ぶ時に便利なシューキーパー

出張や旅行など靴を持ち運ぶときにオススメなのが、プラスチック製のシューキーパー。とくかく軽いのが特徴。プラスチックなので湿気を取る効果は期待できませんが、靴を持ち運ぶ機会には活躍してくれます!

3.靴磨きに便利なシューキーパー

靴を磨くときや一時的にサッとシワを伸ばしたい時には簡易的なバネタイプのシューキーパーがオススメ。バネを折り曲げて使うのでどんなサイズの靴にも使いやすいです!

このタイプはピンポイントにバネのテンションがかかってしまうので長期保管には向かないものの、曲がったバネの部分を持ち手代わりに使うと、手を汚さずに靴磨きできて便利です。

いかがでしたか?? 色んな種類があるシューキーパーですが、靴のサイズにしっかりと合ったものを選んで使えば、お気に入りの一足の寿命を最大限に伸ばしてくれます!

そして、シューキーパーが入って背筋の整った靴は、どこかいつも以上にカッコ良く見える…! ぜひぜひ、シューキーパーの効果を実感してみてください!

※本記事の文責は当該執筆者(もしくはメディア)に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。